看護用語辞典 ナースpedia キーワード:気胸

気胸とは・・・

最終更新日 2018/01/09

気胸(ききょう、pneumothorax)とは、なんらかの原因で肺と胸壁の間(胸腔)に空気がたまり、肺が縮んだ状態のことである。

原因による分類として、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの基礎疾患がある続発性自然気胸、基礎疾患がない場合は特発性自然気胸、外傷が原因の外傷性気胸、異所性子宮内膜症が原因の月経随伴性気胸、医療行為を原因とした医原性気胸がある。

緊急の処置を要する気胸として、胸腔内に溜まった空気が心臓を圧迫し、血圧の低下をきたす緊張性気胸がある。また、手術を含めた治療を施しても治療に難渋する難治性気胸、胸腔内に出血を伴う血気胸がある。

【治療】
治療は、肺虚脱の程度により経過観察、胸腔ドレナージが選択され、気胸発症の頻度、全身状態、基礎疾患により癒着療法や手術が施行される。
特発性自然気胸の原因で多いのは、肺表面に形成された気腫性肺嚢胞の瘻孔形成である。10歳代後半から20歳前後の長身で痩せ型の体型の若年者に多く発症する。自然気胸の手術適応は絶対的適応と相対的適応に分かれ、前者は胸腔ドレナージ後の空気漏れが遷延、肺の膨張不良、血胸を伴う場合、両側同時発症があり、後者は再発を繰り返す場合、初発でも明らかな気腫性肺嚢胞を認める場合がある。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 気胸に関するQ&A[03/15up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「気胸」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.気胸ってどんな病気? 2.気胸にはどんな種... [ 記事を読む ]

  • 気胸の疾患解説[11/22up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

  • 気胸セット|ドレナージ吸引装置の使い方[12/30up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は気胸セットの使い方について説明します。 編著 窪田敬一 獨協医科大学医学部第二外科教授   〈目次〉 気胸セットの使用部位・適応 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1303
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1206
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1058
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1018
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
803
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
352
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者381

◆栄養の問題◆5大栄養素についての説明で、誤っているのはどれでしょうか?

  • 1.糖質(炭水化物)1gから約4kcaLのエネルギーが得られる。
  • 2.脂質は糖質やタンパク質に比べて1g当たりのエネルギー量が低い。
  • 3.タンパク質は消化・分解されるとペプチドを経てアミノ酸となる。
  • 4.電解質は、脱水や嘔吐、下痢などで喪失しやすい。
今日のクイズに挑戦!