看護用語辞典 ナースpedia キーワード:尿量

尿量とは・・・

最終更新日 2018/05/11

尿量(にょうりょう、urine volume)とは、排泄された尿の量のことである。

尿は腎臓血液が濾過されて生成された体内代謝産物が溶けている排泄物である。この目的のため、1日最低400~500mLの尿量が必要である。したがって、尿量は腎臓の機能の評価として有用である。健康人では体重1kgあたり、1時間に約1mLの尿が排泄される。腎機能が正常な場合、尿量は水分の摂取量と喪失量(発汗量、不感蒸泄下痢嘔吐など)によって変動する。また、正常腎機能患者においては循環動態の指標としても重要である。

腎臓はネフロンの集合体で、ネフロンは腎小体とそれに続く尿細管からなり、腎小体は糸球体とボウマン嚢とからなる。これが腎臓の基本的な機能単位である。ネフロンは、左右の腎臓にそれぞれ約100万個ずつある。各ネフロンを流れる毛細血管内の血液中の老廃物が濾過され、再吸収、分泌、濃縮が行われて尿が作られる。

成人の1回の排泄尿量は200~400mLほどで、1日の総量は1,000~2,000mLほどである。尿量の異常は次のように分類される。
1)多尿
尿量2,500~3,000mL/日以上の場合。糖尿病、尿崩症、水中毒、急性腎不全利尿期、慢性腎不全多尿期などでみられる。
2)乏尿
尿量400mL/日以下の場合。原因として、腎血流量の低下(腎前性)、腎障害(腎性)、尿管・膀胱などの尿路閉塞(腎後性)がある。
3)無尿
尿量100mL/日以下の場合。腎皮質壊死、急性糸球体腎炎極期、ショックなど重篤な病態でみられる。
4)尿閉
尿路の通過に障害があり、膀胱にたまった尿を排出できない状態。原因として、前立腺肥大症、前立腺癌、膀胱・尿路腫瘍、神経因性膀胱などがある。

尿量の評価には、1日に排泄される尿を正確に蓄尿する必要がある。最終的に排尿を確認した後、その24時間後まで尿を捨てずにすべて貯めるように患者に指示する。患者が十分理解したか確認することが重要である。

執筆

浅香葉子

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 尿量|尿検査 | 検査値早わかりガイド[03/04up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、尿量について解説します。   江口正信 公立福生病院部長   尿量の基準値 500~2000(ml/日) ... [ 記事を読む ]

  • 尿量が変化する原因は何?[11/24up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 加齢と腎機能は関係があるの? 今回は「尿量の変化」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   尿量が変化する原因は... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2393
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1217
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1128
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
969
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
880
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
411
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者887

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!