看護用語辞典 ナースpedia キーワード:過活動膀胱

過活動膀胱とは・・・

最終更新日 2018/03/12

過活動膀胱(かかつどうぼうこう、overactive bladder++;OAB)とは、尿意切迫感(急に尿がしたくなり我慢が難しいこと)を有し、頻尿、夜間頻尿、切迫性尿失禁などの症状を伴う機能障害である。
ただし、膀胱がん膀胱炎間質性膀胱炎、子宮内膜症前立腺がん、前立腺炎、尿道炎、尿閉多尿、心因性の頻尿などはこれに含めない。

【原因】
前立腺肥大症による排尿障害に起因する膀胱の過敏性
神経因性膀胱で排尿中枢より上位の疾患である、脳血管障害パーキンソン病脊髄障害
・加齢による膀胱の柔軟性低下
・不明

【診断】
・過活動膀胱症状質問票(overactive bladder symptom score;OABSS)を用いた問診。すなわち週に1回以上尿意切迫感があることに加え、日中の排尿回数が8回以上、夜間の排尿回数が1回以上、急に尿がしたくなり我慢できずに尿を漏らすことが週1回以上のいずれかの症状があり、先に述べた膀胱がん等の除外すべき原因がない場合に過活動膀胱と診断される。
・神経因性膀胱の原因となる神経疾患の有無を尋ねる問診。
・残尿が多い場合には薬物治療により残尿量が増加することがあるので超音波検査による残尿のチェックが必要。
・膀胱炎や悪性疾患の除外のための尿検査は必須である。

【治療】
・バイオフィードバック:排尿を我慢する膀胱訓練。
・薬物療法:排尿筋過活動を抑える抗コリン薬、三環系抗うつ薬、β3遮断薬。
・電気刺激:膀胱の緊張を抑え尿道緊張を高める低周波電気刺激療法。
前立腺肥大症が原因の場合には、肥大症に対する外科的手術やα遮断薬、抗コリン薬などを使用した薬物治療が行われる。

執筆

米瀬淳二

がん研有明病院 泌尿器科部長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

シバリングの対応、大丈夫?

見過ごすと低酸素血症や眼圧・脳圧の上昇につながることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1291
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1117
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1104
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
988
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
885
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
603
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4628

40歳の男性。一日20本程度タバコを吸っています。検診で高血圧を指摘され、外来を受診しました。来院時の血圧は168/102mmHgでしたが、再検査したところ170/102mmHgとなりました。以下のうち、看護師が行う生活指導の内容として、最も優先度が高いものはどれでしょうか?

  • 1.運動を控えるよう指導する。
  • 2.毎日血圧を測定し記録をつけるよう指導する。
  • 3.禁煙するよう指導する。
  • 4.水分をよく摂取するよう指導する。
今日のクイズに挑戦!