看護用語辞典 ナースpedia キーワード:排尿障害

排尿障害とは・・・

最終更新日 2018/04/10

排尿障害(はいにょうしょうがい、urination disorder)は膀胱に尿をためるときに障害のある畜尿障害、ためた尿を膀胱から体外に排泄するときに障害のある排出障害に大別され、これらは同時にみられることもある。
膀胱と尿道(男性では前立腺含む)、尿道括約筋で構成される下部尿路に原因がある場合、下部尿路機能障害(lower urinary tract dysfunction;LUTD)という。
畜尿障害は多尿を除き膀胱知覚亢進、排尿筋過活動、尿道閉鎖機能低下による。排出障害は、排尿筋収縮力の低下や尿道括約筋の弛緩不十分、下部尿路通過障害が原因となる。

【症状】
症状は大きく畜尿症状、排尿症状、排尿後症状に分けられる。
■畜尿症状
頻尿、尿意切迫感、切迫性尿失禁、腹圧性尿失禁、夜間頻尿、夜尿症など尿が我慢できない症状である。
■排尿症状
尿勢低下、尿線途絶、腹圧排尿といった尿が出しにくい症状がある。
■排尿後症状
残尿感、排尿後滴下と排尿後にすっきりしない症状を指す。
さらに畜尿、排尿障害に伴って尿路感染や結石形成、腎機能低下が二次的に生じることもある。

【検査】
排尿障害の診断と治療は問診と残尿測定だけで行うことができるとされる。
さらに排尿障害の詳細な病態を知るために尿流動態検査(ウロダイナミクス検査)が行われる。尿流動態検査には膀胱内圧測定、外尿道括約筋筋電図、尿道内圧測定、尿流測定、内圧尿流検査、残尿量測定がある。また、排尿時間と排尿量を数日にわたって記録すると、尿量や夜間尿量もわかり、治療方針を立てる上で有用である。

【治療】
排尿障害の治療は行動療法と薬物療法が行われる。
畜尿障害の治療薬は抗コリン薬が中心となる。他にα1受容体刺激薬、β3受容体刺激薬,
三環系抗うつ薬が使用されることもある。副作用として尿閉溢流性尿失禁が起こり得る。
排出障害の治療にはコリン作動薬、α1受容体拮抗薬が用いられる。男性の排出機能障害は前立腺肥大症によることが多く、その場合はα1受容体拮抗薬が中心となる。副作用として尿失禁が起こり得る。
畜尿障害と排出障害がともにあるときは畜尿障害の治療薬が排出障害を悪化させる可能性が高いため、原則として排出障害から治療する。治療前に残尿が100mL以上ある場合は間欠自己導尿と併用で薬物療法が行われる。膀胱留置カテーテルは畜尿障害、排出障害どちらにも対処できるが、尿路感染のリスクが高くなり、使用には十分な検討が必要である。

執筆

上村恵理

長崎大学病院 高度救命救急センター 医師

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 排尿障害に関するQ&A[11/27up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「排尿障害」に関するQ&Aです。 排尿障害の患者からの訴え 「頻繁にトイレに行きたくなります」 「おしっこを出す時に痛みます」 「おしっこが... [ 記事を読む ]

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」とはどんなものですか? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

ふるさと納税、してる or したことある?

投票数:
1218
実施期間:
2018年11月20日 2018年12月11日

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1136
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
996
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
998
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1046
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
905
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
796
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
112
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者654

風疹の予防接種に関する説明のうち、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.現在、風疹ワクチンの定期接種は、生後12~90カ月未満の小児が1度受けることとなっている。
  • 2.成人男性であれば風疹の予防接種は必要ない。
  • 3.妊婦は風疹の予防接種を受けることができない。
  • 4.麻疹風疹混合ワクチンと水痘ワクチンは、いかなる場合でも同時に接種することはできない。
今日のクイズに挑戦!