看護用語辞典 ナースpedia キーワード:赤沈

赤沈とは・・・

最終更新日 2018/05/14

赤沈(せきちん)とは赤血球沈降速度(blood sedimentation)のことで、赤血球が試薬内を沈んでいく速度をみる血液検査の1つである。ESR(erythrocyte sedimentation rate)ともいう。

【原理】
赤血球の表面はマイナスに荷電している。そこにグロブリンやフィブリノゲンなどのプラスに荷電している物質が血液中に多くなっていれば、赤血球同士はプラス荷電している物質を介して結合、凝集しやすくなるので、赤沈は亢進することになる。逆にマイナスに荷電しているアルブミンや胆汁酸などが多ければ、赤血球同士はマイナス荷電に邪魔されて結合、凝集が阻害されるので、赤沈は遅延することになる。

【異常値の場合に疑われる疾患】
赤沈が亢進している場合には、急性炎症、貧血妊娠多発性骨髄腫、慢性甲状腺炎、原発性マクログロブリン血症、高フィブリノゲン血症、肝硬変、白血病、ネフローゼ症候群などが鑑別疾患として考えられる。また、赤沈が遅延している場合には赤血球増加症や低フィブリノゲン血症、播種性血管内凝固症候群(disseminated intravascular coagulation syndrome ;DIC)などが鑑別疾患となる。

【基準値】
赤沈の1時間値の基準値は、男性で10mm以下、女性で15~20mm以下とされている。また2時間値の基準値は、男性で25mm以下、女性で40mm以下とされている。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん

人気ドラマ「ドクターX」を題材に、医療知識をたのしく学ぶ! [ 記事を読む ]

摘便のコツは?体位や禁忌など注意点は?

摘便のコツや注意点をイラストでわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1394
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1276
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1182
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
1078
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
970
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日

思わず聞いてあげたくなる♡かわいいお願い選手権

投票数:
638
実施期間:
2019年10月22日 2019年11月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1096

◆小児看護の問題◆虐待が疑われる子どもへの対応について正しいものはどれでしょうか?

  • 1.子どもの恐怖心が助長されないように「大丈夫だよ」などの声掛けを行い、信頼関係を構築する。
  • 2.おねしょや指しゃぶりなどが見られる場合、すぐに年齢に応じた成長段階になるよう対策を講じる。
  • 3.子どもが入院する際には親に付き添いを依頼する。
  • 4.子どもの治療に積極的な親であれば、虐待の可能性は低いと判断できる。
今日のクイズに挑戦!