看護用語辞典 ナースpedia キーワード:多発性骨髄腫

多発性骨髄腫とは・・・

最終更新日 2018/01/17

多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ・MM・multiple myeloma)とは、さまざまな合併症を引き起こす造血器の腫瘍である。単クローン性の形質細胞=骨髄腫細胞が増殖してMタンパクと呼ばれる単クローン性のγグロブリンを産生する。日本での発症率は10万人当たり2~4人、好発年齢は60代である。造血器腫瘍の10%を占め、年間4000人程度が死亡する。発症率、死亡率ともに増加している。

【症状】
症状は様々であるが、骨髄での骨髄腫細胞増殖により正常の骨髄機能が障害され、貧血や白血球減少による感染症状、血小板減少による出血症状が見られることがある。またMタンパクが過剰に作られる代わりに正常な抗体(タンパク)が作られなくなるため感染しやすくなる。過剰なMタンパクの沈着により腎障害をきたす。また、骨髄腫細胞による骨芽細胞抑制で骨融解を起こすため骨折しやすくなるとともに、高カルシウム血症に伴う口渇や、嘔気、多尿、意識障害などが生じる。

【検査】
上記のような症状、検査所見(高タンパク血症、高カルシウム血症、汎血球減少など)を認めた場合、多発性骨髄腫を疑い、血清総タンパクの成分を詳しく分画して分析する血清タンパク電気泳動を行う。正常では左から、アルブミン、α1グロブリン分画、α2グロブリン分画、βグロブリン分画、γグロブリン分画の順に並ぶが、多発性骨髄腫に代表される単クローン性高γグロブリン血症では、このタンパク電気泳動のγグロブリンの部分の幅が狭く、急峻に立ちあがったピークを示す。このピークをMピークとよび、Mタンパクの存在を示す。そのほか、異常な免疫グロブリンの一部(L鎖)である尿中ベンス・ジョーンズ(Bence-Jones)タンパクの同定も診断に役立つ。Mタンパクやベンス・ジョーンズタンパクを同定するための血液、尿の免疫電気泳動、免疫固定法、血清フィリーライトチェイン(free light chain: FLC)のほか、骨髄穿刺生検)によって確定診断を行う。全身への進展度をみるために全身の骨のX線検査、CT、MRI、PET検査などを行う。骨のX線検査では、打ち抜き像(punched-outlesion)と呼ばれる特徴的な骨融解所見を示す。

【治療】
治療方針は病型により異なる。臓器障害を伴う狭義の骨髄腫(症候性骨髄腫)は、近年、免疫調節薬(レナリドミド)、プロテアソーム阻害(ボルテゾミブなど)を中心とした薬物療法による導入、それに続く自家造血幹細胞移植併用大量化学療法が中心となっている。高齢や重篤な臓器障害で自家移植の適応がない場合は、薬物療法のみを行う。骨髄腫による症状や臓器障害のないくすぶり型多発性骨髄腫は積極的な治療は行わず定期検査で経過観察する。意義不明の単クローン型γグロブリン血症(MGUS・Monoclonal Gammopathy of Undetermined Significance)は、Mタンパクや骨髄内の骨髄腫細胞が少なく、臓器障害がないため治療の必要はないと考えられているが、骨髄腫に進展する可能性はあり、定期検査を行って経過観察する。骨病変や腎障害、高カルシウム血症など合併症のコントロールも重要である。

執筆

柳井真知

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1360
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1337
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1159
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1074
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
897
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
789
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2704

◆栄養の問題◆経腸栄養施行時の水分管理で適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.経腸栄養剤・濃厚流動食(1.0kcaL/1.0mL)の標準的な製品では、1,500kcaL/1,500mL投与した時の栄養剤から得られる水分量は1,500mLである。
  • 2.1日の必要水分量は、体外に排出される尿量と不感蒸泄、糞便を足した量と同じ量である。
  • 3.経腸栄養剤の逆流予防を目的に、栄養剤投与前に追加水投与を行う。
  • 4.必要水分量を算出し、栄養剤に水分を混ぜて投与する。
今日のクイズに挑戦!