看護用語辞典 ナースpedia キーワード:血清鉄

血清鉄とは・・・

最終更新日 2019/07/17

血清鉄(けっせいてつ、serum iron;Fe)とは血液中に含まれる鉄のことである。血液検査で体内の血清鉄を測定することができ、基準値は男性で58~188μg/dL、女性で48~170μg/dLである。

健常人の体内には3~4g程度の鉄がある。その中で、大半を占めるのがヘモグロビン鉄である。ヘモグロビン鉄は体内に存在する鉄全体の60~70%といわれている。次に多いのは貯蔵鉄で20~30%程度、残りは組織鉄といわれ、酵素中の鉄やミオグロビンが含まれる。
鉄は経口から摂取されると酸で還元され、十二指腸で吸収される。吸収された鉄はトランスフェリンというタンパク質と結合する。トランスフェリンと結合した鉄のことを血清鉄といい、これは全身を循環する。

ほとんどの血清鉄は骨髄に運ばれ、そこで赤芽球と結合し、赤芽球は赤血球になり、血清鉄はヘモグロビン鉄となる。赤血球は全身に酸素を運ぶ仕事を行い、寿命が尽きると脾臓で破壊される。そこで分離された鉄は肝臓に運ばれて貯蔵鉄となり、一部は血中に放出されて再び血清鉄となる。鉄は1日平均して1mg程度体内に吸収される。血清鉄は1日20mg程度が骨髄に運ばれ、それと同量程度が脾臓から血清鉄として再利用される。

血清鉄が減少する(鉄欠乏)の原因としては出血、鉄の消化管からの吸収障害、エリスロポエチン製剤使用後、ヘモジデローシス、遺伝性疾患などが考えられる。症状として倦怠感、頭痛、イライラ感、呼吸苦、めまいなどがある。

引用参考文献
1)“貧血の検査”.日本健康増進財団. 
2)Stanley L Schrier.et al.“Causes and diagnosis of iron deficiency and iron deficiency anemia in adults”.UpToDate.

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1409
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1389
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1200
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1129
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
997
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
936
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
106
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1846

◆摂食・嚥下の問題◆摂食嚥下の5期モデルの説明で誤っているのはどれか?

  • 1.先行期は食べ物を咀嚼し食塊にする時期である。
  • 2.口腔期は食塊を咽頭に送り込む時期である。
  • 3.咽頭期は食塊を嚥下反射により中咽頭から食道入口部に送り込む時期である。
  • 4.食道期は食塊を蠕動運動により胃の噴門部に送り込む時期である。
今日のクイズに挑戦!