最終更新日 2019/08/30

エラスチン

エラスチンとは・・・

エラスチン(えらすちん、elastin)とは、全身の伸展性が必要な組織(血管壁、肺、腱、皮膚など)に存在する線維状の蛋白質である。ゴムのように伸び縮みする性質を持つ。

体を構成する蛋白質の中では、コラーゲンに次いで多い。皮膚ではエラスチンがコラーゲン線維を束ねて真皮を支えている。加齢によってエラスチンが減少または変性することで、 肌のシワやたるみが起こる。
紫外線や活性酸素、ストレスなどが、エラスチンを壊して老化を促進するといわれている。

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ