看護用語辞典 ナースpedia キーワード:アミノ酸

アミノ酸とは・・・

アミノ酸とは、アミノ基とカルボキシル基を同一分子内に持つ有機化合物で、生体を構成している重要な栄養素である。(amino acid)。
アミノ酸はたんぱく質を構成している成分であり、アミノ酸がどのような順番で結合しているかで、たんぱく質の性質や種類が決まる。人体の約20%はたんぱく質でできていて、筋肉、皮膚、髪、内臓、爪、骨、血管など生体を構成するすべてに存在している。

■生体を構成するアミノ酸は20種類
自然界には約500種類のアミノ酸が存在する。このうち、 人体の生命を維持するために必要な栄養素であるたんぱく質を構成しているアミノ酸は、20種類である。食事をしてたんぱく質を摂取すると、たんぱく質は20種類のアミノ酸に分解される。 その後、体内で再び、たんぱく質が合成される。体を構成しているたんぱく質は、日々合成と分解を繰り返している。このため、人体はアミノ酸の摂取が毎日必要となる。

アミノ酸にはL型とD型があり、生体内で利用されるアミノ酸はL型である。(ただしグリシンは型が存在しない)

体を作る20種類のアミノ酸は以下の通り。
L-バリン、L-リジン、L-ロイシン、L-スレオニン、L-イソロイシン、L-アスパラギン、
L-グルタミン、L-フェニルアラニン、L-アスパラギン酸、L-セリン、L-グルタミン酸、
L-メチオニン、L-アルギニン、グリシン、L-アラニン、L-チロシン、L-プロリン、
L-ヒスチジン、L-システイン、L-トリプトファン

■必須アミノ酸と非必須アミノ酸
たんぱく質を構成している20種類のアミノ酸の中で、9種類のアミノ酸は体内で合成することができない。 これを必須アミノ酸といい、食物から摂取することが必要となる。

■必須アミノ酸の種類
必須アミノ酸の種類と、それを多く含む食品は以下の通りである。
・L-イソロイシン(鶏肉、子牛肉、牛乳など)
・L-スレオニン(卵、スキムミルクなど)
・L-トリプトファン(レバー、牛乳、 チーズ、バナナ、緑黄色野菜、大豆など)
・L-バリン(鶏肉、子牛肉、レバー、魚、チーズ、ごまなど)
・L-ヒスチジン(鶏肉、子牛肉、いわし、かつお、まぐろ、チーズなど)
・L-フェニルアラニン(肉類、魚介類、大豆、あずきなど)
・L-メチオニン(牛肉、羊肉、レバー、牛乳、ほうれん草、にんにくなど)
・L-リジン(さわら、さば、オートミール、大豆など)
・L-ロイシン(牛肉、レバー、とうもろこし、牛乳など)

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

国家試験の不適切問題どうなる?

不適切と考えられる23問の問題とその理由をまとめました。 [ 記事を読む ]

気胸に関するQ&A

気胸の3大症状は、突然起こる胸痛、乾性咳嗽、呼吸困難です。ケアのポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
292
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
263
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
231
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
140
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る