看護用語辞典 ナースpedia キーワード:統合失調症

統合失調症とは・・・

最終更新日 2018/03/06

統合失調症(とうごうしっちょうしょう、schizophrenia)とは、思考や感情を統合する能力が低下することで生じる精神疾患であり慢性的な経過をたどる。

統合する能力の低下は多くの場合、うつ病や引きこもり、適応障害などに見られるものと区別しにくいことがあり、確定診断は幻覚、妄想などの症状によって下される。以前は「精神分裂病」という病名であったが、2002年から「統合失調症」に名称が変更された。

厚生労働省による平成26年患者調査では、統合失調症の患者数は現在約77万人とされている。生涯有病率は1%で、100人のうち1人は一生のうちに発症すると言われている。男性では15~25歳、女性では25~35歳が多く、男女比は1.4:1.0である。

統合失調症の原因はわかっていないが、ドーパミン仮説やセロトニン仮説、その他なんらかの遺伝的脆弱性とストレスの環境要因が重なって発症すると言われている。

【症状・経過】
統合失調症の症状と経過は「前兆期(抑うつや不安障害、不眠・食欲不振・頭痛など自律神経を中心とする身体の症状)」→「急性期(陽性症状)」→「休息期(治療後、陰性症状が目立つこともある)」→「回復期」を経過し、「再燃(急性期)」と「寛解」を繰り返すことが多い。症状が現れてから薬物治療を開始するまでの期間が短いと予後が良いことが指摘されていますので、早期発見・早期治療が大切である。

【治療】
治療の基本は抗精神病薬と、心理社会的なリハビリテーション、ならびに社会復帰のための福祉、地域での支援である。治療薬は単剤投与が基本であり、従来は内のドーパミン神経系に作用する薬物が用いられてきたが、最近ではセロトニン神経系にも作用する非定型抗精神病薬が導入され、治療効果を高めている。抗精神病薬の一般的な副作用として、黒質線条体系のドーパミン拮抗作用によるパーキンソン症候群や錐体外路症状、アカシジア、ムスカリン拮抗作用による便秘、口渇、眼のかすみ、抗ヒスタミン作用などによる眠気、体重増加など、抗アドレナリンα1拮抗作用による低血圧が生じる。また、非定型抗精神病薬であるオランザピン、クエチアピンは、まれに高血糖糖尿病・体重増加を誘発することがある。

執筆

神谷侑画

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

曜日感覚|マンガ・ぴんとこなーす【285】

シフトで働くナースあるある?あなたはどう? [ 記事を読む ]

今知っておきたい!肺炎ケアのポイント

肺炎の原因別分類やおもな症状から、治療やケアまで、肺炎のキホンを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたが恋に落ちた瞬間♡教えてください

投票数:
1561
実施期間:
2020年02月07日 2020年02月28日

バレンタイン、チョコ以外になにかプレゼントあげる?

投票数:
1481
実施期間:
2020年02月11日 2020年03月03日

国試直前!言っちゃえ合格宣言&エール!

投票数:
1355
実施期間:
2020年02月14日 2020年03月06日

国試の問題、難しかった?

投票数:
1244
実施期間:
2020年02月18日 2020年03月10日

病院にいたらいいなぁと思うポケモンは?

投票数:
1047
実施期間:
2020年02月21日 2020年03月13日

切ない別れのエピソード大募集!

投票数:
598
実施期間:
2020年02月25日 2020年03月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6056

◆呼吸器の問題◆以下の中で、COPDの患者さんには見られない身体所見はどれでしょうか?

  • 1.樽状胸郭
  • 2.吸気の延長
  • 3.口すぼめ呼吸
  • 4.呼吸補助筋の肥大
今日のクイズに挑戦!