看護用語辞典 ナースpedia キーワード:潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは・・・

最終更新日 2018/04/26

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、ulcerative colitis)は大腸粘膜を侵し、びらんや潰瘍を形成する原因不明のびまん性炎症疾患である。

【疫学】
病変は大腸に限局し、直腸から連続性に広がることが特徴的である。経過中に再燃と寛解を繰り返し、腸管外合併症も伴うことがある。10歳代後半から30歳代の若年者に好発するが、小児や高齢者にも発症し得る。

【症状】
繰り返す下痢や粘血便、腹痛、発熱、体重減少などの主症状が認められる。また関節炎虹彩炎、膵炎皮膚症状(結節性紅斑、壊疽性膿皮症)などの腸管外合併症が起こり得る。血液検査では貧血、CRP上昇、赤沈上昇などが特徴的となる。
また、重症度を評価することが治療方針を決定する上で重要となる。重症度は以下の症状に応じて軽症、中等症、重症に分けられる。

表1潰瘍性大腸炎の症状による重症度分類

・重症とは、1)および2)のほかに、3)、4)のいずれかを満たし、かつ6項目のうち4項目以上を満たすものをいう
・重症の中でも特に症状が激しく重篤なものは劇症とする
・軽症は軽症ランクの6項目をすべて満たすものとする

【診断】
臨床症状に合わせて画像検査、特に大腸内視鏡検査が有用となる。特徴的な内視鏡所見として、血管透見像の消失、多発びらん・潰瘍、偽ポリポーシスなどがある。

【治療】
治療の原則は内科的治療であり、薬物療法が基本となる。軽症および中等症例では5-ASA製剤(メサラジン)投与を行う。無効例や重症例では副腎皮質ステロイド薬にて寛解導入を行う。また免疫抑制薬の使用も検討する。内科治療に反応しない重症例などでは手術療法(大腸全摘術など)も検討する。

執筆

大久保祐希

兵庫県立尼崎総合医療センター ER総合診療科フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1271
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1156
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1078
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1038
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
919
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
692
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2216

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!