看護用語辞典 ナースpedia キーワード:潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは・・・

最終更新日 2018/04/26

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、ulcerative colitis)は大腸粘膜を侵し、びらんや潰瘍を形成する原因不明のびまん性炎症疾患である。

【疫学】
病変は大腸に限局し、直腸から連続性に広がることが特徴的である。経過中に再燃と寛解を繰り返し、腸管外合併症も伴うことがある。10歳代後半から30歳代の若年者に好発するが、小児や高齢者にも発症し得る。

【症状】
繰り返す下痢や粘血便、腹痛、発熱、体重減少などの主症状が認められる。また関節炎虹彩炎、膵炎皮膚症状(結節性紅斑、壊疽性膿皮症)などの腸管外合併症が起こり得る。血液検査では貧血、CRP上昇、赤沈上昇などが特徴的となる。
また、重症度を評価することが治療方針を決定する上で重要となる。重症度は以下の症状に応じて軽症、中等症、重症に分けられる。

表1潰瘍性大腸炎の症状による重症度分類

・重症とは、1)および2)のほかに、3)、4)のいずれかを満たし、かつ6項目のうち4項目以上を満たすものをいう
・重症の中でも特に症状が激しく重篤なものは劇症とする
・軽症は軽症ランクの6項目をすべて満たすものとする

【診断】
臨床症状に合わせて画像検査、特に大腸内視鏡検査が有用となる。特徴的な内視鏡所見として、血管透見像の消失、多発びらん・潰瘍、偽ポリポーシスなどがある。

【治療】
治療の原則は内科的治療であり、薬物療法が基本となる。軽症および中等症例では5-ASA製剤(メサラジン)投与を行う。無効例や重症例では副腎皮質ステロイド薬にて寛解導入を行う。また免疫抑制薬の使用も検討する。内科治療に反応しない重症例などでは手術療法(大腸全摘術など)も検討する。

執筆

大久保祐希

兵庫県立尼崎総合医療センター ER総合診療科フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(1)

【水曜連載】父のがん発見をきっかけに、「死」について考えるエッセイマンガ。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今期のドラマ、何が楽しみ?

投票数:
2440
実施期間:
2019年10月25日 2019年11月15日

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1244
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1153
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
998
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
930
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
610
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7293

◆転倒・転落のアセスメントの問題◆誤嚥性肺炎で入院となった83歳男性。末梢の持続点滴と経鼻での酸素投与中で、ポータブルトイレでの排泄の安静制限があります。入院前のADLは自立していましたが、前立腺肥大のため頻尿で、日中は8回、夜間2回程度の排尿がみられます。この患者さんの転倒・転落のアセスメントの対応として適切なものはどれでしょうか?

  • 1.夜間に十分な睡眠ができるように長時間作用型の睡眠薬を投与する。
  • 2.ベッドから立ち上がる際は、オーバーテーブルにつかまって立ち上がるよう指導する。
  • 3.夜間は一人で動くと危ないので身体抑制を行ってもよいか、本人とご家族に尋ねる。
  • 4.患者さんの排泄パターンを観察し、トイレに誘導する。
今日のクイズに挑戦!