看護用語辞典 ナースpedia キーワード:関節炎

関節炎とは・・・

最終更新日 2018/01/16

関節炎(かんせつえん、arthritis)とは、関節に炎症が起きている病態である。

関節に一致して発赤・腫脹・圧痛・こわばり・可動域制限など局所症状がみられ、疾患によっては全身症状として発熱、全身倦怠感、体重減少などを伴う。

関節炎をきたす疾患を鑑別する場合、急性か慢性か、単関節炎か多関節炎かで、4つに分類して考えるとよい。

【急性単関節炎】
急性単関節炎で最も多いのは、痛風や偽痛風といった結晶誘発性関節炎である。また、細菌性関節炎も急性単関節炎であり、とりわけ化膿性関節炎は急速な関節破壊を起こすことから内科的エマージェンシーと言われ迅速な対応が必要となる。外傷による急性単関節炎もあり受傷歴などの病歴聴取も重要である。また、急性多関節炎の初期を見ている場合もあるので注意が必要である。

【急性多関節炎】
急性多関節炎では、ウイルス性関節炎(ヒトパルボウイルスB19・HBV・HCV・風疹・HIVなどが有名)、細菌性関節炎(感染性心内膜炎・淋菌性関節炎)が挙げられる。細菌感染では、淋菌性関節炎が若年者に多く、移動する関節炎が特徴的である。高齢者では非淋菌性関節炎が多い。また、慢性多関節炎の早期をみている場合もあるので注意が必要である。

【慢性単関節炎】
慢性単関節炎は、非炎症性と炎症性に大別される。非炎症性では変形性関節症、無痛性骨頭壊死、神経原性関節症、外傷が挙げられる。炎症性では股関節に多い結核性関節症や、傍腫瘍性症候群が有名である。

【慢性多関節炎】
慢性多関節炎では、関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、全身性エリテマトーデス(SLE)などの膠原病が挙げられる。また、結晶誘発性関節炎が慢性化し多関節炎に及ぶこともある。

執筆

井上 彰

明石医療センター 救急科医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1274
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1265
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1144
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1091
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
1033
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
646
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者901

胃全摘手術により吸収できなくなるビタミンはどれでしょうか?

  • 1.ビタミンD
  • 2.ビタミンB12
  • 3.ナイアシン
  • 4.葉酸
今日のクイズに挑戦!