1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 発熱時のクーリングのポイントは?|看護技術Q&A

2016年04月29日

発熱時のクーリングのポイントは?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は発熱時のクーリングについて解説します。

 

〈目次〉

発熱を知るためには

発熱を知るためには、平熱や日内変動〔1℃以内程度の日内変動があり、午前2〜6時ごろが最も低く、午後から夕方(午後3〜8時)にかけて高い状態になる〕を知っておくことが必要です。

また、日内変動が1℃以上ある場合、平熱との差がどの程度なのかを知っておくことも必要です。

  • 体温は測定時の温度異常と、時間軸でみる体温変動の異常があります。
  • 随伴症状(発熱後の随伴症状脱水など)と合わせたアセスメントが大切です。

患者の高体温は、うつ熱か発熱か病的高熱であるのかをアセスメントし、体温上昇に伴う随伴症状の有無も把握します。

 

熱型の種類

熱型には、稽留熱、弛張熱(急変になる可能性)、間欠熱、波状熱、周期熱があります(図2)。

図2さまざまな熱型

さまざまな熱型

 

近年、抗生物質の与薬により、熱型がみられないこともあります。また、解熱には分利と渙散(換散・かんさん)とよばれる体温が下がっていく2つの方があります。

 

うつ熱

熱中症のように熱の流入・産生により熱放散が小さくなり、体内に熱がこもった状態です。

 

クーリング

クーリングは、「安楽」「鎮痛や止血」「体温の低下」を目的としています。発熱時はセットポイントに達したら、まずは熱の放散を妨げないように布団を剥ぐなど、熱がこもらないように調節します。それから、患者の不快感を解消する安楽や安静のためであれば、看護者の判断で冷罨法を行います。

熱中症や脳血血管障害による体温調節機構の障害では、セットポイント(基準値)の上昇がないため、解熱剤は効果がありません。クーリングによる熱の放散が必要です。42℃を超えると生命の危機状態になることもあります。

体温を下げる目的の治療としてのクーリングは、体表面の近くを通っている動脈がある頚部や腋窩、鼠径部へ氷嚢や冷湿布などを適切に当てます。

体温低下を目的としたクーリングの効果と危険性を正しく理解したうえで、体温低下を目的としたクーリングは医師の指示のもと実施しましょう。

現在、体表クーリングの有効性がわかっているのは、「体温調節機構が病的に障害されている場合」または「深い鎮静や筋弛緩薬を使った全身麻酔で抑制されている場合」のみです。それ以外の場合でのクーリングは、寒冷反応(寒気、ふるえ、立毛筋収縮、末梢冷感、チアノーゼ)を引き起こして、酸素消費量を増大させるリスクがあることを覚えておきましょう。

また、背部のクーリングは、広範囲を冷やすことができますが、体表面近くに太い血管も走行していないため解熱効果は少なく、自力で体位変換ができない患者に用いられると凍傷などのリスクが懸念されています。

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版根拠から学ぶ基礎看護技術』編著江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 呼吸測定の意義と必要な観察項目 [06/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は呼吸測定について解説します。 〈目次〉 呼吸測定の意義 呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目 呼吸異常と病態の関連 慢性的な呼吸器疾患がある患者への酸素... [ 記事を読む ]

  • 脈拍測定から何がわかるの? [05/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍測定の意義について解説します。   〈目次〉 脈拍測定の意義 脈拍とは   脈拍測定の意義 脈拍とは、血液が心臓から大動脈に送り出... [ 記事を読む ]

  • 発熱時のクーリングのポイントは? [04/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は発熱時のクーリングについて解説します。   〈目次〉 発熱を知るためには 熱型の種類 クーリング 発熱を知るためには 発熱を知るためには...

  • 体温測定の意義と注意点は? [04/04up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温測定時の意義と注意点について解説します。 〈目次〉 体温測定の意義 体温計の種類 腋窩検温 直腸検温 耳式検温 口腔検温   ... [ 記事を読む ]

  • 消毒用綿球を渡すとき、相手の鑷子より高い位置で渡すのはなぜ? [09/08up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は消毒用綿球に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   消毒用綿球を渡すとき、相手の鑷子より高い位置で渡すのはなぜ? 受け取る側が綿... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1307
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1122
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
779
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1004
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
969
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
690
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2680

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!