1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 発熱時のクーリングのポイントは?|看護技術Q&A

2016年04月29日

発熱時のクーリングのポイントは?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は発熱時のクーリングについて解説します。

 

〈目次〉

発熱を知るためには

発熱を知るためには、平熱や日内変動〔1℃以内程度の日内変動があり、午前2〜6時ごろが最も低く、午後から夕方(午後3〜8時)にかけて高い状態になる〕を知っておくことが必要です。

また、日内変動が1℃以上ある場合、平熱との差がどの程度なのかを知っておくことも必要です。

  • 体温は測定時の温度異常と、時間軸でみる体温変動の異常があります。
  • 随伴症状(発熱後の随伴症状脱水など)と合わせたアセスメントが大切です。

患者の高体温は、うつ熱か発熱か病的高熱であるのかをアセスメントし、体温上昇に伴う随伴症状の有無も把握します。

 

熱型の種類

熱型には、稽留熱、弛張熱(急変になる可能性)、間欠熱、波状熱、周期熱があります(図2)。

図2さまざまな熱型

さまざまな熱型

 

近年、抗生物質の与薬により、熱型がみられないこともあります。また、解熱には分利と渙散(換散・かんさん)とよばれる体温が下がっていく2つの方があります。

 

うつ熱

熱中症のように熱の流入・産生により熱放散が小さくなり、体内に熱がこもった状態です。

 

クーリング

クーリングは、「安楽」「鎮痛や止血」「体温の低下」を目的としています。発熱時はセットポイントに達したら、まずは熱の放散を妨げないように布団を剥ぐなど、熱がこもらないように調節します。それから、患者の不快感を解消する安楽や安静のためであれば、看護者の判断で冷罨法を行います。

熱中症や脳血血管障害による体温調節機構の障害では、セットポイント(基準値)の上昇がないため、解熱剤は効果がありません。クーリングによる熱の放散が必要です。42℃を超えると生命の危機状態になることもあります。

体温を下げる目的の治療としてのクーリングは、体表面の近くを通っている動脈がある頚部や腋窩、鼠径部へ氷嚢や冷湿布などを適切に当てます。

体温低下を目的としたクーリングの効果と危険性を正しく理解したうえで、体温低下を目的としたクーリングは医師の指示のもと実施しましょう。

現在、体表クーリングの有効性がわかっているのは、「体温調節機構が病的に障害されている場合」または「深い鎮静や筋弛緩薬を使った全身麻酔で抑制されている場合」のみです。それ以外の場合でのクーリングは、寒冷反応(寒気、ふるえ、立毛筋収縮、末梢冷感、チアノーゼ)を引き起こして、酸素消費量を増大させるリスクがあることを覚えておきましょう。

また、背部のクーリングは、広範囲を冷やすことができますが、体表面近くに太い血管も走行していないため解熱効果は少なく、自力で体位変換ができない患者に用いられると凍傷などのリスクが懸念されています。

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版根拠から学ぶ基礎看護技術』編著江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 呼吸測定の意義と必要な観察項目 [06/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は呼吸測定について解説します。 〈目次〉 呼吸測定の意義 呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目 呼吸異常と病態の関連 慢性的な呼吸器疾患がある患者への酸素... [ 記事を読む ]

  • 脈拍測定から何がわかるの? [05/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍測定の意義について解説します。   〈目次〉 脈拍測定の意義 脈拍とは   脈拍測定の意義 脈拍とは、血液が心臓から大動脈に送り出... [ 記事を読む ]

  • 発熱時のクーリングのポイントは? [04/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は発熱時のクーリングについて解説します。   〈目次〉 発熱を知るためには 熱型の種類 クーリング 発熱を知るためには 発熱を知るためには...

  • 体温測定の意義と注意点は? [04/04up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温測定時の意義と注意点について解説します。 〈目次〉 体温測定の意義 体温計の種類 腋窩検温 直腸検温 耳式検温 口腔検温   ... [ 記事を読む ]

  • 消毒用綿球を渡すとき、相手の鑷子より高い位置で渡すのはなぜ? [09/08up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は消毒用綿球に関するQ&Aです。 消毒用綿球を渡すとき、相手の鑷子より高い位置で渡すのはなぜ? 受け取る側が綿球の下部をつかむことで、不潔になる可能性を避け、清潔... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1283
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1272
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1162
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1153
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1061
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
878
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
263
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2259

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!