1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 咀嚼と嚥下|消化吸収

2016年09月25日

咀嚼と嚥下|消化吸収

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

消化管の構造と機能|消化吸収

今回は、咀嚼と嚥下について解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

〈目次〉

 

Summary

  • 咀嚼筋には側頭筋、咬筋などがある。
  • 咀嚼筋は横紋筋で随意的収縮が行える。
  • 嚥下の口腔相は随意運動である。
  • 嚥下の咽頭相は嚥下反射による不随意運動である。
  • 嚥下の食道相は蠕動運動で不随意運動である。

 

咀嚼と嚥下とは

咀嚼(そしゃく)〔mastication〕(chewing)は、噛み切りとすり潰しで食塊を小さくするとともに唾液(saliva)と混ぜる運動である。

咀嚼筋(masticatory muscles)は、①側頭筋(temporal muscle)、②咬筋(masseter muscle)、③内側翼突筋(medial pterygoid muscle)および④外側翼突筋(lateral pterygoid muscle)で構成される(図1)。

図1頭部の筋と咀嚼筋

頭部の筋と咀嚼筋

 

これらの筋が、延髄網様体(medullary reticular formation)にあるリズム発生機構からの信号に同期して収縮することにより咀嚼運動が起こる。これらの咀嚼筋は横紋筋で随意的収縮が行える。

嚥下(えんげ)〔swallowing〕は、第1~3相に分けられる(図2)。

図2嚥下運動

嚥下運動

 

第1相は口腔相(oral phase)ともよばれ、舌の運動で食塊が口腔内から咽頭(pharynx)に送られる過程で、三叉神経(trigeminal erve)に支配される随意運動(voluntary movement)である。

第2相は咽頭相(pharyngeal phase)ともよばれ、食塊により舌根や咽頭壁が刺激され嚥下中枢(延髄 medulla)を介する嚥下反射(swallowing reflex)が起こる。反射なので不随意運動(involuntary movement)である。喉頭(larynx)全体が引き上げられ喉頭蓋(epiglottis)によって喉頭口が塞がり、気道に食物が入らないようになるので、このとき喉頭嚥下性無呼吸(deglutition apnea)が起こる。

第3相は食道相(esophageal phase)ともよばれ、食道内で起こる蠕動運動である。平滑筋による蠕動運動なので不随意運動である。

 

嚥下困難について

嚥下困難(嚥下障害)(dysphagia)は、①狭窄性障害と②神経・筋障害に分けられる。

口腔相および咽頭相での①の障害は、腫瘍や炎症などによる舌や口腔内の疼痛、麻痺などが原因にある。②の障害は、脳卒中(cerebral apoplexy)、パーキンソン病(Parkinso disease)、筋萎縮性側索硬化症〔amyotrophic lateral sclerosis〕(ALS)、多発性硬化症〔multiple sclerosis〕(MS)、重症筋無力症〔myasthenia gravis〕(MG)、筋ジストロフィー〔muscular dystrophy〕(MD)などが原因になる。

食道相での①の障害は、食道の腫瘍、炎症などが原因で起こる。②の障害はアカラシア(achalasia)、びまん性(広汎性)食道痙攣(diffuse esophageal spasm)などで起こる。

 

NursingEye

咽頭相の咽頭反射(pharyngeal reflex)が障害されると、誤嚥(accidental ingestion)を起こす。誤嚥した異物は、気管支(bronchus)の形状から右側の気管支に入りやすい(「呼吸器系の構造」図1参照)。

嚥下中枢が延髄にあるので球麻痺(bulbar paralysis)のとき嚥下障害が現れる(球(bulbus cerebri)は延髄を意味する)。球麻痺に特徴的な症状として舌萎縮がある。

 

〈次回〉

胃の消化作用|消化吸収

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 胃の消化作用|消化吸収 [09/30up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 咀嚼と嚥下|消化吸収 今回は、胃の消化作用について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療... [ 記事を読む ]

  • 圧力に関係する単位|呼吸 [08/26up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸機能を表す記号 今回は、圧力に関係する単位について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健... [ 記事を読む ]

  • 咀嚼と嚥下|消化吸収 [09/25up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 消化管の構造と機能|消化吸収 今回は、咀嚼と嚥下について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保...

  • 呼吸機能を表す記号|呼吸 [08/23up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸筋の働き 今回は、呼吸機能を表す記号について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大... [ 記事を読む ]

  • 消化管の構造と機能|消化吸収 [09/23up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸不全の状態|呼吸 今回は、消化管の構造と機能について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1273
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1285
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1166
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1020
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
872
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
405
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1251

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!