看護用語辞典 ナースpedia キーワード:食道

食道とは・・・

最終更新日 2017/08/07

食道(しょくどう)とは、咽頭をつなぐ内径約2cm、長さ約25cmの管で、食物の通り道である。普段は前後に潰れており、食物が通過する際に大きく広がる。口腔から摂取した食物を食道壁の筋肉の蠕動運動で胃に送り込む働きがあり、食道自体に消化機能はない。

下咽頭下端の輪状軟骨直下から始まり、胃の入り口が最終部分である。食道が通っている場所は上から気管と脊柱の間、縦隔(じゅうかく:左右の肺の真ん中・脊柱の前にある隙間)、心臓の後ろで、横隔膜を抜けて腹部に入ったところで胃につながる。

■構造
<食道両端部分>
上部食道括約筋という輪状の筋肉があり、食物を感知して蠕動運動を起こす働きがある。食道の最終部分、胃と食道の境目には下部食道括約筋があり食物を胃に送り込むと同時に胃の内容物の逆流を防いでいる。

<食道>
上から頸部食道、胸部食道、腹部食道の3つの部位に分かれ、胸部食道がもっとも長く、腹部食道は胃とつながるわずかな長さの部分をさす。食道の働きである食物を胃に送り込む作業は食道を覆う筋肉が担っている。頸部食道は横紋筋、下がるにしたがって平滑筋が増え、胸部食道と腹部食道は平滑筋が主になる。

<食道壁>
粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層、外膜で構成され、漿膜を欠く。
粘膜上皮は扁平上皮(へんぺいじょうひ)という平たい細胞が何重にも重なってできている。粘膜固有層は様々な機能をもつ細胞が存在する緩い結合組織である。粘膜筋板は消化管を覆う柔軟で強い筋肉の膜である。固有筋層は筋肉の膜である。外膜は内臓の1番外側を囲む膜で粘膜下部にある筋肉層を囲む。食道には多くの内臓に存在する漿膜(しょうまく)が存在せず、食道にがんができると外に進展しやすい。

<生理的狭窄部(せいりてききょうさくぶ)>
食道には以下の3つの生理的に狭くなっている部分がある。これを生理的狭窄部という。この狭窄部分は病気でなくとも食物が飲み込みにくいと感じる場合がある。
第1狭窄部:食道入口部
第2狭窄部:大動脈弓・気管分岐部
第3狭窄部:食道裂孔部

■食道の蠕動運動の働き
咀嚼された食物が飲み込まれ食道の粘膜に触れると上部食道括約筋が収縮する。この動きが順々に下の筋肉に伝わり蠕動運動を生み出す。蠕動運動が下部食道括約筋に届くと下部食道括約筋が緩み胃に食物を送り込む。

■食道の不調によって起こる主な疾患
・食道がん
食道に悪性の腫瘍ができる疾患である。
・バレット食道
食道の扁平上皮状の粘膜が胃の粘膜に似た円柱上皮になる疾患である。
・食道炎
何らかの化学的・物理的な刺激によって食道に炎症が起きる疾患である。
・食道アカラシア
食道と胃が接合する部分の筋肉の弛緩不全により、食物の通過障害が起きる疾患である。
・食道カンジダ症
真菌であるカンジダが食道内で増殖し、嚥下痛や嚥下障害などを引き起こす疾患である。
・Mallory-Weiss症候群
嘔吐を繰り返すことで、食道と胃の接合部近くに裂傷を生じ、大量出血を起こす疾患である。
・特発性食道破裂
食道内圧が急速に上昇し、食道が破裂する原因不明の疾患である。
・食道静脈瘤
肝臓疾患などが原因で門脈圧が亢進し、肝内血流に異常をきたし、その結果、食道静脈に大量に血液が送り込まれて瘤(こぶ)ができ、そのこぶが拡大し、血流が滞る疾患である。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1299
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1315
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1193
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1053
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
928
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
590
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7332

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!