ワンポイント生理学 記事一覧

ワンポイント生理学

難解と敬遠されがちな生理学をワンポイント解説!

 

〈目次〉

 

細胞の基本機能

  1. 1.細胞の構造・細胞膜の機能
  2. 2.細胞小器官の機能
  3. 3.核の機能・タンパク質の合成
  4. 4.細胞の環境
  5. 5.細胞内外間の物質の移動(1)
  6. 6.細胞内外間の物質の移動(2)
  7. 7.興奮の発生と伝導|生体機能の統御(1)
  8. 8. シナプス伝達|生体機能の統御(2)
  9. 9.受容体と細胞内情報伝達系(1)
  10. 10.受容体と細胞内情報伝達系(2)

 

骨格筋の機能

  1. 1. 筋の収縮のメカニズム
  2. 2. 骨格筋収縮のメカニズム(1)
  3. 3. 骨格筋収縮のメカニズム(2)
  4. 4. 心筋の興奮収縮連関
  5. 5. 平滑筋の興奮収縮連関
  6. 6. サイクリックAMPによる心筋と平滑筋収縮機能調節の相違
  7. 7. 骨格筋の構造と機能
  8. 8. 筋収縮の型
  9. 9. 骨格筋のエネルギー代謝

 

神経系の機能

  1. 1. 神経のしくみと働き
  2. 2. 神経情報の伝達のしくみ(1)
  3. 3. 神経情報の伝達のしくみ(2)
  4. 4. 中枢神経系
  5. 5. 大脳皮質の機能|神経系の機能
  6. 6. 脳幹の機能|神経系の機能
  7. 7. 脳室と脳脊髄液|神経系の機能
  8. 8. 脳波|神経系の機能
  9. 9. 脊髄の機能(1)
  10. 10.   脊髄の機能(2)
  11. 11.   末梢神経系
  12. 12.  自律神経系
  13. 13.  自律神経系の化学伝達物質と受容体
  14. 14.  自律神経系の機能

 

血液と生体防御

  1. 1. 血液の成分と働き
  2. 2. 血球の産生(造血)
  3. 3. 赤血球の働き(1)
  4. 4. 赤血球の働き(2)
  5. 5. 貧血
  6. 6. 白血球の働き
  7. 7. 生体防御のしくみ
  8. 8. 血液と生体防御
  9. 9. 血小板の働き
  10. 10. 血液凝固(1)
  11. 11. 血液凝固(2)
  12. 12. 血液型(1)
  13. 13. 血液型(2)

 

循環

  1. 1. 循環器系のしくみと働き
  2. 2. 心臓の構造と特性
  3. 3. 刺激伝導系と心拍動の自動性
  4. 4. 心電図
  5. 5. 心筋の収縮
  6. 6. 心臓の神経支配と心臓反射
  7. 7. 血管の構造と機能
  8. 8. 血液の分配と微小循環
  9. 9. 血圧
  10. 10. 血圧測定法
  11. 11. 内皮細胞の働き
  12. 12. リンパ液の働き

 

呼吸

  1. 1. 呼吸器系の構造
  2. 2. 呼吸筋の働き
  3. 3. 呼吸機能を表す記号
  4. 4. 圧力に関係する単位
  5. 5. 肺サーファクタントとRDS
  6. 6. ガス交換の力学的解析-換気力学の三要素
  7. 7. 肺気量-基本量と基本容量
  8. 8. 最大努力呼出曲線と閉塞性肺疾患・拘束性肺疾患
  9. 9. フロー・ボリューム曲線と閉塞性肺疾患・拘束性肺疾患
  10. 10. 肺胞気および動脈血のO2およびCO2分圧
  11. 11. 血液と酸塩基平衡
  12. 12. 呼吸不全の状態

 

消化吸収

  1. 1. 消化管の構造と機能
  2. 2. 咀嚼と嚥下
  3. 3. 胃の消化作用
  4. 4. 小腸における消化吸収
  5. 5. 脂質の消化吸収
  6. 6. 黄疸・胆石
  7. 7. 大腸の働きと排便・便秘

 

栄養と代謝

  1. 1. 三大栄養素の基本的構造
  2. 2. 異化と同化
  3. 3. 解糖系と糖新生
  4. 4. TCA回路
  5. 5. 電子伝達系

 

体温とその調節

  1. 1. 熱産生
  2. 2. 熱放散
  3. 3. 発 汗
  4. 4. 平均皮膚温と平均体温
  5. 5. 発熱物質
  6. 6. 高熱
  7. 7. 発熱

 

尿の生成と排泄

  1. 1. ネフロン
  2. 2. 腎臓の血流の特徴
  3. 3. 腎臓の基本的機能
  4. 4. クリアランス
  5. 5. 腎臓の酸分泌機構
  6. 6. 排尿の神経支配
  7. 7. 腎不全
  8. 8. 利尿薬

 

内分泌

  1. 1. 内分泌の特徴
  2. 2. ホルモンの化学構造
  3. 3. 内分泌の階層的調節
  4. 4. 視床下部ホルモン
  5. 5. 下垂体前葉ホルモン
  6. 6. 下垂体後葉ホルモン
  7. 7. 副腎皮質ホルモン
  8. 8. クッシング病とクッシング症候群
  9. 9. 副腎髄質ホルモン
  10. 10. 甲状腺ホルモン
  11. 11. 膵臓ホルモン
  12. 12. 卵巣ホルモン
  13. 13. 精巣ホルモン
  14. 14. 消化管ホルモン
  15. 15. 血糖調節ホルモン
  16. 16. 糖尿病
  17. 16. 血圧調節ホルモン
  18. 17. 内分泌様器官

 

感覚

  1. 1. 感覚の種類
  2. 2. 視 覚
  3. 3. 聴 覚
  4. 4. 平衡覚
  5. 5. 嗅覚、味覚
  6. 6. 皮膚感覚
  7. 7. 筋感覚
  8. 8. 関連痛
  9. 9. 痛み・かゆみ

 

 

本連載は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

参考文献 閉じる

1)大地陸男:生理学テキスト.第4版、文光堂、2003

 

2)星猛ほか共訳:医科生理学展望.丸善、1998

 

3)堺章:新訂目でみるからだのメカニズム.医学書院、2000

 

4)永田豊、坪井実監訳:カラースケッチ生理学.広川書店、1990

 

5)名津井悌次郎:現代看護学基礎講座-生理学.真興交易医書出版部、1993

 

6)エレインN. マリーブ、林正健二ほか訳:人体の構造と機能.医学書院、1997

 

7)RF. シュミット、佐藤昭夫監訳:コンパクト生理学.医学書院、2003

 

8)今井昭一:薬理学.標準看護学講座5、金原出版、1998

 

9)柳沢輝行編著:新薬理学入門.南山堂、1997

 

10)田中千賀子、加藤隆一編:NEW 薬理学.改訂第4版、南江堂、2002

 

11)血圧の神経性調節.メディカルトリビューン、1984

 

12) 増田敦子:身体のしくみとはたらき.サイオ出版、2015

 

13) 山本敏行、鈴木泰三、田崎京二:新しい解剖生理学.改訂第11版、南江堂、2005

 

14) 香山雪彦、前川剛志:病棟で働く人のための生理学.秀潤社、2000

 

15) 増田敦子:新訂版解剖生理をおもしろく学ぶ.サイオ出版、2015

 

16) 河原貴ほか:熱中症予防ガイドブック.日本体育協会、1999

 

17) 後藤昌義編著:概説生理学-植物的機能論.改訂第2版、南江堂、1987

 

18) 神野耕太郎:運動の生理学.南山堂、2003

 

19) Hardman JG et al.(Ed):Goodman & Gilman’s The Pharmacological Basis of Therapeutics(10th Ed). McGraw-Hill, 2001

 

20) 医学大辞典.第18版、南山堂、1998

 

21) 伊藤眞次:脳のホルモンとこころ.朝倉書店、1989

 

22) 伊藤眞次:脳のホルモン.朝倉書店、1993

 

23) 伊藤正男、井村裕夫、高久史麿編:医学大辞典.医学書院、2003

 

24) 今堀和友、山川民夫監:生化学辞典.第2版、東京化学同人、1997

 

25) 入来正躬:体温生理学テキスト-わかりやすい体温のおはなし.文光堂、2003

 

26) 岩瀬善彦、森本武利編:やさしい生理学.改訂第4版、南江堂、2000

 

27) 黒島晨汎:環境生理学.第2版、理工学社、1993

 

28) 西崎統:図解知っておきたい病態生理.医学書院、2002

 

29) 吉岡利忠、内田勝雄編著:生体機能学テキスト.第2版、中央法規出版、2007

 

30) Ashcroft, F.:Life at the Extremes, University of California Press, 2000(矢羽野薫訳:人間はどこまで耐えられるか、河出書房新社 2002)

 

31) Brobeck, J. R. ed.:Best & Taylor’s Physiological Basis of Medical Practice, Williams & Wilkins, 1990

 

32) Lehninger, A. L.:Principles of Biochemistry, WORTH PUBLISHERS, 1982

 

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ