看護用語辞典 ナースpedia キーワード:球麻痺

球麻痺とは・・・

最終更新日 2018/02/08

麻痺(きゅうまひ、bulbar palsy)とは、延髄にある脳神経核が障害され、口・舌・喉の運動障害によって起こる症状である。構音障害(呂律が回らない)、嚥下障害(食べ物、飲み物の飲み込みが悪くなる)、呼吸や循環の障害が生じる。

延髄を外側から見るとボールのように丸い形をしているので “球”と呼ばれる。そのため、延髄の麻痺のことを球麻痺といい、臨床では延髄の運動神経麻痺に限定して用いる。

【発生機序】
延髄には9番(舌咽神経)、10番(迷走神経)、12番(舌下神経)の脳神経核が存在する。これらの神経核が両側性に障害され、咽頭(鼻腔の終わりから帯・食道の上まで)、口蓋(口腔上壁)、喉頭(声門上部から下部、気管の上まで)を動かす筋肉の運動が障害される。
結果として、嚥下(食べ物を飲み込む)、構音(言葉を発する)ができなくなる、舌の運動障害をきたす。その他、舌の萎縮、舌のぴくぴくとひきつるような筋収縮(筋線維束れん縮)、咽頭(嘔吐反射が弱まるなどする。

【代表的な疾患】
球麻痺を来す代表的な疾患は、筋萎縮性側索硬化症、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症重症筋無力症、延髄梗塞や延髄出血である。

【仮性(偽性)球麻痺(かせい・ぎせいきゅうまひ、Pseudobulbar palsy】
球麻痺とほぼ同様の症状をきたす病態として、仮性(偽性)球麻痺がある。両側性の皮質脊髄路の障害で出現する。一般的には大脳の左右両方に脳出血や脳梗塞などが起こることにより生じる。球麻痺とは異なり、舌萎縮が乏しく、筋線維束れん縮は認めない。錐体路の症状として下顎反射亢進、表情筋の緊張が亢進することで強制泣き・笑い症状を認めることがある。

仮性球麻痺を起こす代表的疾患は、両側性の脳梗塞、脳出血、進行性核上性球麻痺、脳炎、梅毒、脳腫瘍などである。

執筆

黒川 暢

宇都宮記念病院 総合検診センター産業医

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1349
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1195
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1177
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1068
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
949
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
698
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者467

◆心電図の問題◆急性心筋梗塞で、右冠動脈の下壁梗塞を疑うST上昇が見られる心電図誘導は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.V~V4
  • 2.II、III、aVF
  • 3.Ⅰ、aVL、V5、V6
  • 4.Ⅰ、aVL、V1~V6
今日のクイズに挑戦!