1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 血液の成分と働き|血液と生体防御

2016年06月05日

血液の成分と働き|血液と生体防御

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

自律神経系の機能|神経系の機能

今回は、血液の成分と働きについて解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

Summary

  • 血液は、生体の重要な細胞外液であり、体重の1/13(約8%で5L)を占める。
  • 血液の組成は、液体成分である血漿と有形成分である血球に分けられる。
  • 血漿から凝固成分(フィブリノゲン)を取り除いたものを血清という。したがって、血漿は凝固するが、血清はしない。
  • 血球は、赤血球白血球血小板の3種類に大別できる。
  • 血液のpHは、通常7.35~7.45に保たれている。
  • 血液の主な機能として、物質(O2、CO2、栄養素)の運搬、体液量の調節、体温の維持、生体防御、止血作用などがある。

 

〈目次〉

 

血液の成分

血液は、生体の重要な細胞外液で、体重の約1/13(約8%で約5L)を占める。血液は、血管内を循環し、体内の全器官に分配され、物質(O2やCO2、栄養素、代謝産物)や熱の運搬、体液量の調節、体温の維持など、生体の生理的調節、生体防御および止血に働いている。

血液の組成は、液体成分である血漿 plasma と有形成分である血球に分けられる(表1)。

表1血液成分の組成

血液成分の組成

 

血漿は、全血液の55~60%を占める。血球は血液の40~45%を占めている。そのため、血液は粘稠度の高い液体になる。血漿の91%は水で、そのほか約1%の電解質と約8%の有機物を含む。血漿に含まれる血漿タンパクは、栄養など酸素以外の物質を運搬したり、出血の際に血液凝固の主体となる。血漿から凝固成分を取り除いたものを血清 serum という。

血液を1滴取り顕微鏡で観察すると、淡黄色の液体中に細胞がたくさん浮遊しているのが見える。この細胞が血球である。血球は、大きく赤血球白血球血小板の3種類に分けられる。このなかで最も重く、量も多いのが赤血球である。血液の比重を測ることで、おおよその赤血球の量を測定することができる。赤血球の量には男女差があり、男性のほうが多い。

また、新生児のほうがやや多く、高齢者では少なくなる。成人の基準比重値は、男性で1.055~1.063、女性で1.052~1.060であり、男性が重い。なお、献血は比重が1.052以上の場合に行われる。

血液のpHは、通常7.35~7.45の間に保たれている。

 

血清と血漿

血液を試験管にとってしばらく放置しておくと、血液はゼリー状に固まる。このゼリー状の血液のかたまりを血餅(けっぺい) clot という。血餅は、血液凝固反応が起こった結果、固まったものである。

さらに時間が経つと血餅がしだいに退縮して、血餅から透明な液体(黄色)が分離してくる。この液体を血清 serum という(図1-B)。

図1血漿と血清の違い

血漿と血清の違い

血漿は、血液凝固因子であるフィブリノゲンを含んでいるので、凝固しうる。?
血清は、フィブリノゲンを含まないので凝固しない。?

 

一方、血液凝固抑制剤を使用して凝固が起こらないように処理した血液を遠心分離すると、血液は液体成分と有形成分に分かれる。液体成分を血漿 plasma という(図1-A)。血漿には血液凝固因子であるフィブリノゲンが含まれている。

 

各血球の役割

赤血球の最も重要な役割は酸素の運搬である。血漿も微量の酸素を運ぶが、赤血球は血漿の約70倍の酸素を運ぶことができる。

血球(大部分は赤血球)が血液中で占める容積の割合(%)をヘマトクリット(Ht)値という。正常のHt値は、男性で40~50%、女性で35~45%である。100%からHt値を引いたものを血漿量とみなすことができる。

白血球の役割は免疫で、体外から侵入した細菌類やがん細胞などから生体を防御する。

血小板の役割は止血である。血液の凝固力を高めるために血小板がある。血小板は、骨髄において巨核球(幹細胞から分化した細胞)の一部がちぎれてできる。

 

〈次回〉

血球の産生(造血)

 

⇒〔ワンポイント生理学一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 赤血球の働き(1)|ヘモグロビンの働き [06/12up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血球の産生(造血) 今回は、赤血球の働きについての解説の1回目です。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保... [ 記事を読む ]

  • 血球の産生(造血)|血液と生体防御 [06/09up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血液の成分と働き 今回は、血球の産生(造血)について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医... [ 記事を読む ]

  • 血液の成分と働き|血液と生体防御 [06/05up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 自律神経系の機能|神経系の機能 今回は、血液の成分と働きについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山...

  • 自律神経系の機能|神経系の機能 [06/02up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 自律神経系の化学伝達物質と受容体 今回は、自律神経系の機能について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 ... [ 記事を読む ]

  • 自律神経系の化学伝達物質と受容体|神経系の機能 [05/29up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 自律神経系 今回は、自律神経系の化学伝達物質と受容体について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2) [07/17up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 多細胞生物が備えた物流システム|流れる・運ぶ(1) 解剖生理を学ぶため、体内を冒... [ 記事を読む ]

  • 心電図の波形から何が分かるの? [06/06up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心音はどのように聴こえる? 今回は「心電図波形」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長  ... [ 記事を読む ]

  • 血液は何でできている?|流れる・運ぶ(4) [07/24up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 動脈と静脈|流れる・運ぶ(3) 血管の世界を探索中のナスカ。動脈と静脈、それぞれ... [ 記事を読む ]

  • いざ、毛細血管の中へ|流れる・運ぶ(5) [07/28up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 血液は何でできている?|流れる・運ぶ(4) 血管の世界を冒険中のナスカ。前回は血... [ 記事を読む ]

  • 心機能が低下するとどうなるの? [06/10up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心電図の波形から何が分かるの? 今回は「心機能の低下」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1331
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1177
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1161
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1051
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
921
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
603
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2367

◆消化器の問題◆以下のうち、胃瘻管理中の患者さんに対する看護として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.胃瘻を造設している患者さんはシャワーや入浴はできない。
  • 2.栄養剤を投与する際は、仰臥位で投与しても問題ない。
  • 3.ボタン型はチューブ型に比べて自己抜去のリスクが高い。
  • 4.胃瘻管理中は、出血・発赤・腫脹など局所の感染徴候がないか、創部の観察を行う。
今日のクイズに挑戦!