1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. けいゆう先生の医療ドラマ解説~学習はドラマのあとで ~>
  4. 「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん|けいゆう先生の医療ドラマ解説【20】

2019年10月18日

「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん|けいゆう先生の医療ドラマ解説【20】

タイトル:外科医・武矢けいゆう先生の医療ドラマ解説_学習はドラマのあとで

執筆:山本健人外科医けいゆう

 

医療ドラマを題材に、看護師向けに役立つ知識を紹介するこのコーナー

今回は、10月から始まった『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6シリーズの第1話を取り上げます。

(以下、ネタバレもありますのでご注意ください)

 

けいゆう先生の医療ドラマ解説

Vol.20 「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん

医師大門未知子が手術中に振り向くワンシーン

©テレビ朝日

 

今回、外科医の大門未知子(米倉涼子)が救った患者さんは2人いました。

1人目は、山道で岩に手を挟まれ、クラッシュ症候群を起こしそうになった鮫島有(武田真治)。

のちに、東帝大病院新副院長となるニコラス丹下(市村正親)の側近です。

 

そして2人目が、肺塞栓症でオペを受けたあと、肺がんの見落としが発覚した「食堂のおばちゃん」こと岩田一子(松坂慶子)。

 

今回のストーリーで登場した病態を解説しながら、振り返ってみましょう。

 

 

クラッシュ症候群とは?

鮫島は、大門からクラッシュ症候群の恐れがあると判断され、山中で斧を使って左腕を切断されてしまいます。

 

さすがに、十分な準備をせずに左上腕をバッサリ切り落としてしまうと、上腕の太い動静脈から大量に出血して止血に難渋しそうですが、クラッシュ症候群のリスクを考える思考過程は妥当です。

 

クラッシュ症候群とは、災害時などに、がれきに長時間下敷きになっていた人が救出された時に起こることでよく知られた病態です。

 

筋肉が長時間圧迫されていると、筋肉が傷害され、徐々に壊死します。

筋肉が壊死すると、筋肉の成分であるミオグロビンというタンパク質や、カリウムなどが大量に産生されてきます。

 

がれきに腕を挟まれている間であれば、その毒素は壊死した筋肉内にとどまったまま。

問題は、救助される時、つまり圧迫されていた部分が解放される時です。

 

貯留したミオグロビンやカリウムが一気に血流に乗り、腕から全身へと巡ってしまうからです。

ミオグロビンは腎臓にたどり着いて腎不全を引き起こし、カリウムは心臓を通過する時に心停止を引き起こして致命的になります。

「救助したのに救命できない」という点で、非常に危険な病態なのですね。

 

大門は、あの時点で岩を取り除いてもクラッシュ症候群は免れない、との判断から、救急隊の到着を待たずに腕を切断したわけです。

 

もちろん実際には、切断された上肢を簡単に接合させ、すぐに元に戻すのは難しいでしょう。

術後長期にわたるリハビリを経て、それでも大きな後遺症が残る可能性がある、というのが現実です。

 

 

肺塞栓症とは?

大門もお気に入りの「食堂のおばちゃん」こと岩田は、度重なる胸痛をきっかけに、肺塞栓症と診断されます。

これを診断したのは、ニコラス丹下が導入した最新鋭のAIシステムでした。

 

AIシステムは、心電図などの簡易的な検査のみで肺塞栓症と診断し、手術を推奨します。

「造影CTできちんと診断をつけてから治療すべき」と反論する大門を無視して手術は断行されますが、術後も胸の痛みは続き、右腕の痛みも現れます。

 

結局CTで精査したところ、右肺尖部に「パンコースト型肺がん」があることが判明し、大門の手術を受けることになったのでした。

 

肺塞栓症とは、肺動脈に異物(ほとんどが血栓)が詰まってしまい、呼吸・循環不全に陥る疾患です。

エコノミークラス症候群(またはロングフライト血栓症)とも呼ばれる病気ですね。

 

 

血栓ができるのは、9割が下肢や骨盤内。

つまり多くは、下肢深部静脈血栓症により、血栓が血液の流れに乗って肺動脈にたどり着き、そこで塞栓を作る、という流れです。

 

症状は、今回ドラマで描かれた通りで、呼吸苦や胸痛、動悸、時に失神を起こすこともあります。

(ちなみに、肺塞栓症は、術後の患者さんにも起こりやすい疾患ですので、こういった症状が現れたときには、病棟看護師としても注意が必要ですね)

 

肺塞栓症の診断には、大門が指摘したように、造影CTが最も有用です。

 

現実的には、よほどの理由がない限り、造影CTを行わずに手術に踏み切るということはないでしょう。

また、高リスクの症例を除けば、治療は手術ではなく、抗凝固薬の投与が主体となります。

 

その点でも、治療に踏み切る前に十分な精査を行った上で、病態の重症度の把握が重要になるでしょう。

 

今回のようにバイタルが安定している症例であれば、なおさら、治療選択は慎重に吟味する必要があります。

 

将来、こうした診断がもっと簡単になるくらいのAIシステムが現れれば、診断はもっと容易になるかもしれませんね。

(現在はこうした細かな診断や手術ナビゲーションは実用化されていません)

 

ちなみに、パンコースト型肺がん(パンコースト腫瘍)とは、肺尖部の肺がんが、腕神経叢や交感神経節に浸潤し、肩や腕の痛み、ホルネル徴候などをきたす症候群のことです。

 

パンコースト型肺がんの例

 

肺塞栓症の治療前に肺がんを見抜けなかったことに対し、次世代インテリジェンス手術担当外科部長の潮一摩(ユースケ・サンタマリア)が、

「あのときは右上肢痛の訴えもなく、(中略)AIでも見つけられなかっただけだ」

と言い訳したのは、これが理由です。

 

もちろん、これも造影CTを撮影していれば容易に診断できた病態ですから、大門も意に介さず、といった状態でしたね。

 
 
ナースの学習ポイント

・クラッシュ症候群はどんな病気なのか、復習しよう

・肺塞栓症の診断と治療の概要を知っておこう

 

(参考)

肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断・治療・予防に関するガイドライン 2017年改訂版

 


【執筆】山本健人 やまもと・たけひと

(外科医けいゆう)

山本健人先生のプロフィール写真

医師。専門は消化器外科。2010年京都大学医学部卒業後、複数の市中病院勤務を経て、現在京都大学大学院医学研究科博士課程。個人で執筆、運営する医療情報ブログ「外科医の視点」で役立つ医療情報を日々発信中。資格は外科専門医、消化器外科専門医、消化器病専門医、がん治療認定医 など。

「外科医けいゆう」のペンネームで、TwitterInstagramFacebookを通して様々な活動を行い、読者から寄せられる疑問に日々答えている。

 

 

編集/坂本綾子(看護roo!編集部)

 

●今回のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第6シリーズ(テレビ朝日系)

毎週木曜よる9時 放送

ドクターXPR画像

©テレビ朝日

(過去の放送回:第1~第5シリーズはこちら)

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

看護師をお助け!医療情報をわかりやすく発信する“外科医けいゆう先生”ってどんな人?

 

けいゆう先生の医療ドラマ解説~学習はドラマのあとで~【全記事まとめ】

 

【緊急収録】免疫療法について看護師が知っておくべき3つのこと(外科医けいゆう著)

 

コード・ブルーを看護師が観て面白いのは何でなの?鑑賞会をやってみた!【外科医の解説付き】ネタバレあり

 

【マンガ】有名人が集まるふしぎな病院食堂「パラレル」(1)

この連載

  • 【22】「ドクターX」大門が見抜いた認知症、特発性正常圧水頭症とは? [11/12up]

    執筆:山本健人(外科医けいゆう)   医療ドラマを題材に、看護師向けに役立つ知識を紹介するこのコーナー。 今回は、10月から始まった『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6シリーズの第4話を取り上げます。 ... [ 記事を読む ]

  • 【21】「ドクターX」で登場したドミノ移植、その実態とは? [10/28up]

    執筆:山本健人(外科医けいゆう)   医療ドラマを題材に、看護師向けに役立つ知識を紹介するこのコーナー。 今回は、10月から始まった『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6シリーズの第2話を取り上げます。 ... [ 記事を読む ]

  • 【20】「ドクターX」に学ぶ肺塞栓症とパンコースト型肺がん [10/18up]

    執筆:山本健人(外科医けいゆう)   医療ドラマを題材に、看護師向けに役立つ知識を紹介するこのコーナー。 今回は、10月から始まった『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6シリーズの第1話を取り上げます。 ...

  • 【19】あの人気医療ドラマで学ぶ「術中迅速病理診断」 [08/07up]

    執筆:山本健人(外科医けいゆう) 監修:市原 真(病理医ヤンデル)   医療ドラマを題材に、看護師向けに役立つ知識を紹介するこのコーナー。 今回は特別編として、監修に病理の先生を迎え、過去の名作を題材... [ 記事を読む ]

  • 【18】いまさら聞けない「フリーエアー」の意味 [06/28up]

    執筆:山本健人 (ペンネーム:外科医けいゆう)   医療ドラマを題材に、看護師向けに役立つ知識を紹介するこのコーナー。 今回は「白衣の戦士!」第9話を取り上げます。 (以下、ネタバレもありますの... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ 入れ墨のある患者さんの対応とよくある事例

MRI検査がダメってホント?手術への影響は?看護師に必要なことをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1354
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1199
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1181
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1076
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
958
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
731
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
149
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2662

◆心電図の問題◆急性心筋梗塞で、右冠動脈の下壁梗塞を疑うST上昇が見られる心電図誘導は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.V~V4
  • 2.II、III、aVF
  • 3.Ⅰ、aVL、V5、V6
  • 4.Ⅰ、aVL、V1~V6
今日のクイズに挑戦!