【マンガ】有名人が集まるふしぎな病院食堂「パラレル」(1)

院内食堂を舞台にした新連載がスタートです!

 

ふしぎ食堂パラレル。彼女は、白井さちこ、新井総合病院に勤務する看護師3年目。仕事の休憩に入ったさちこは、『つかれた…今日はパラレルの酢豚定食大盛りデザート付きね…』とメニューを決めつつ、食堂パラレルへ向かいます。すると、そこには、右手が全折れした食堂のマスターの姿が。さちこが心配すると、「すごい助っ人を用意しているから大丈夫!」と、大門未●子先生を紹介しました。「うそ!?あのド●ターXの大門先生が!?」と驚いているさちこを他所に料理をお願いすると、「致しません!」と強気でドラマの決まり文句を言ってのける大門先生。

 

 

なんとか調理も手術と同じと言い張って、大門先生に手伝ってもらうことになりました。調理を進める大門先生を見ていたさちこは、自分が手術室を上からのぞくところにいることに驚きます。さらに、大門先生の横で、麻酔科医の城●内先生がバイタルをチェックしていることにも気が付き、「やかましいわ!酢豚に麻酔するなよ」とツッコミます。「よし完成」と大門先生が出した料理は、真っ黒。大門先生が、またしても決まり文句の「私失敗しないので」と言おうと口を開くのと同時に「大失敗だよ!バカ!」と物申すさちこなのでした。

 

 

【この漫画の登場人物】

登場人物 食堂パラレルマスター:いつも怪我をしていたりで誰かに頼っている、料理の腕は一流。白井さちこ:看護師3年目、新井総合病院に勤務している女性

 


【作:室木おすし】

作者室井おすしの似顔絵

イラストレーター、漫画家。オモコロライター。悲しみゴリラ川柳 家元。3児の父。WEBや雑誌で漫画やイラスト、記事を書いています。

ホームページ:スシックススタジオ

※2018/10/19 一部内容を変更しました。

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆がん看護の問題◆「インフュージョンリアクション」は、がん化学療法で行う分子標的薬投与後どれくらいで起こる場合が多いとされているでしょうか?

  1. 24時間以内
  2. 36時間以内
  3. 48時間以内
  4. 72時間以内

2866人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8609人の年収・手当公開中!

給料明細を検索