看護用語辞典 ナースpedia キーワード:プロスタグランジン

プロスタグランジンとは・・・

最終更新日 2018/07/23

プロスタグランジン(ぷろすたぐらんじん、prostaglandin)はアラキドン酸に由来する脂質代謝産物で、炎症性メディエーターとしての活性を含め、多様な組織に作用を及ぼす。

【役割】
プロスタグランジン合成の過程で働く重要な酵素がシクロオキシゲナーゼ(cyclooxygenase、COX)で、これには2つのアイソフォーム(COX-1、COX-2)があり、それぞれ構造、組織分布、発現が異なっている。COX-1は血小板、腎臓、内皮細胞など多くの組織で発現し、腎機能、血小板凝集、消化管粘膜の維持に重要な役割を果たす。一方、COX-2は炎症性刺激による誘導型でありマクロファージ白血球、線維芽細胞、滑膜細胞に発現する。

■医薬品としての役割
プロスタグランジンの発生を利用した代表的な医薬品として、血管拡張薬、子宮収縮薬、消化性潰瘍薬などが挙げられる。

■NSAIDsとの関わり
一方、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬NSAIDs)は、シクロオキシゲナーゼ(COX)活性阻害によりプロスタグランジン産生を抑制し、その機能を発揮する。従来、NSAIDsはCOX-2活性を抑えて抗炎症効果を発揮していたが、同時にCOX-1活性も抑制するため、胃潰瘍などの副作用を来すことが知られていた。しかし、新しく開発されたCOX-2選択性の強いCOX-2阻害薬(COX-2 Inhibitory NSAIDs)はCOX-1を阻害しないので、消化管障害などの副作用が少ないことが示されている。
NSAIDs不耐症は、COX-1を阻害すると重症の喘息発作や蕁麻疹を生じるので、NSAIDs投与に際しては十分に注意する必要がある。

執筆

佐々木 朗

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター小児救急フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1239
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1187
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1040
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1018
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
886
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
723
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者282

慢性心不全の70歳男性のAさん。外来受診時に、「今度、家族と旅行に行く予定があるが、自宅でトイレに行くときにちょっと息切れが出るので少し不安がある」という訴えがありました。AさんをNYHA分類に当てはめた場合、適切なアドバイスはどれでしょうか?

  • 1.心臓リハビリテーションは中止するよう伝える。
  • 2.入浴はしないほうがよいと伝える。
  • 3.旅行は、長時間かかる電車よりも、移動が短時間で済む飛行機を勧める。
  • 4.毎日体重測定を行うように指導していく。
今日のクイズに挑戦!