失禁のメカニズム

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

排尿を我慢できるのはなぜ?

 

今回は「失禁」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

失禁のメカニズム

尿を膀胱内にためておくことができず、不随意に出ることを失禁といいます。失禁は尿が充満した時の膀胱内圧と尿道内圧のバランスが崩れることによって生じます。 

 

失禁には、①切迫性尿失禁、②反射性尿失禁、③腹圧性尿失禁、④溢流性尿失禁、⑤完全尿失禁などがあります。

 

  1. 切迫性尿失禁(せんぱくせいにょうしっきん) 
    脳梗塞出血などによって大脳の排尿中枢が障害され、排尿の抑制ができなくなる運動切迫性尿失禁と、膀胱炎尿道炎、膀胱結石などによって下部の尿路に障害が生じ、排尿の抑制ができなくなる感覚切迫性尿失禁があります。
  2. 反射性尿失禁(はんしゃせいにょうしっきん) 
    脊髄の障害によって起こります。膀胱が全く抑制されずに収縮し、尿道に不随意な弛緩が起こるため、膀胱に尿がたまると反射的に排尿が起きてしまいます。脊髄損傷や脳腫瘍、脊髄腫瘍などで発生します。
  3. 腹圧性尿失禁(ふくあつせいにょうしっきん) 
    くしゃみ、荷物の持ち上げ動作、笑いなどに伴って失禁が生じます。骨盤底筋群が弱くなり、膀胱の頚部や近位尿道の緊張性が低下することによって起こります。出産後、中高年の女性などにみられます。
  4. 溢流性尿失禁(いつりゅうせいにょうしっきん) 
    尿道の閉鎖、膀胱の収縮力低下などで多量の残尿が生じ、膀胱壁が過度に伸びきった状態になると、膀胱内の残尿が漏れ出します。これが溢流性尿失禁です。前立腺肥大、直腸癌、子宮癌の手術後などに起こりやすくなります。
  5. 完全尿失禁(かんぜんにょうしっきん) 
    先天性異常や外傷などによって尿道が機能不全になった場合に起こります。膀胱内に尿をためておくことができず、尿が常に漏れ出ます。前立腺手術後の合併症として起こりやすくなります。

 

[次回]

肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ?

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ