看護用語辞典 ナースpedia キーワード:溢流性尿失禁

溢流性尿失禁とは・・・

最終更新日 2018/01/09

溢流性尿失禁(いつりゅうせいにょうしっきん、overflow incontinence)とは、自分で尿を出したいのに出せず、高度の残尿があるにもかかわらず、尿が少しずつ漏れ出てしまう状態のことである。

必ず前提に排尿障害がある。排尿障害を示す疾患は男性に多く、溢流性尿失禁も同様に男性に多くみられる。

【原因】
■下部尿路閉塞を来す疾患
前立腺肥大症、前立腺癌、尿道狭窄など
■膀胱排尿筋の収縮不全によるもの
神経因性膀胱糖尿病子宮癌、直腸癌などの術後にみられる末梢神経障害による。

【症状】
下腹部に緊満した膀胱を触れ、尿失禁を伴う。下部尿路閉塞による急性尿閉に併発した場合には膀胱の過伸展により苦痛を訴えるが、膀胱排尿筋の収縮不全による場合には膀胱の知覚鈍麻が存在するため自覚症状に乏しく、慢性経過をたどり、水腎症など上部尿路へも悪影響をもたらすことがある。

【治療と処置】
■下部尿路閉塞の解除
急性期にはバルーンカテーテルを留置し膀胱の過伸展を解除する。
前立腺肥大症に対してはまず、α1-遮断薬などの薬物療法を行うが、奏功しない場合には経尿道的前立腺切除で肥大した前立腺組織を切除する。尿道狭窄に対しては尿道ブジーによって拡張を行うが、難治再発例に対しては経尿道的切開術を行う。
■残尿に対する処置
α-1遮断薬や膀胱収縮を助ける薬剤を用いても残尿が減少せず、100mL以上残る場合には、間欠的自己導尿にて対処する。間欠的自己導尿とは、一日に3回から6回程度、定期的にカテーテルを尿道から膀胱に挿入し、その都度、残尿を取り除く手技である。

執筆

小林 実

宇都宮記念病院 泌尿器科科長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1248
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1138
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1057
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1014
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
868
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
568
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2890

急性心筋梗塞後、心収縮能低下を代償するために心筋リモデリング(左室内腔の拡張)が起こります。以下のうち、心筋リモデリングの予防のために内服する薬はどれでしょうか?

  • 1.エナラプリルマレイン
  • 2.ループ利尿薬
  • 3.クロピトグレル
  • 4.カルベジロール
今日のクイズに挑戦!