看護師が知っておきたい診療報酬改定【全記事まとめ】


看護師の日々の業務や働き方、給料などにダイレクトにつながっている「診療報酬」。

2年ごとに行われる診療報酬改定について、看護師のみなさんが知っておきたいポイントだけをギュッとまとめてお届けします。

 

2020年度(令和2年度)

【2020】看護必要度、ココが変わる!

働き方改革、看護師にも影響あります!

地域包括ケア病棟の見直し→急性期のベッド調整が厳しく…?

 

2018年度(平成30年度)


ここが変わる「看護必要度」最速チェック!

褥瘡対策が強化される!スキンテアに要注目

入院再編で看護師の「売り手市場」に変化の兆し

退院支援は「入院前から」にシフトする

今回も報酬アップ、看護師の夜勤負担は軽くなる…?

2018診療報酬改定【総まとめ】看護師への影響ポイント解説

終末期ガイドライン改訂、話し合い重ねるACP(アドバンス・ケア・プランニング)が核に

訪問看護師10年で倍増!追い風が吹く訪問看護、採用ニーズさらに拡大へ

 

2016年度(平成28年度)

【1】 「地域包括ケアシステム」と「医療機能の分化・強化」とは

【2】「重症度、医療・看護必要度」の見直しで同僚ナースの数が減る!?

【3】夜勤要件の大幅見直しで、看護師は本当に楽になるのか?

【4】訪問看護ステーションからあなたにもお声がかかる!?

【5】ナースの膨大なデスクワークは看護補助者との分担で楽になるのか?

【6】ナースが知らない「重症児ケア」の4つの問題

【7】ナースの勤務先が減る!入院ベッド大幅削減の「地域医療構想」とは

 

2014年度(平成26年度)

診療報酬2014改定◇看護師さんが知っておきたい「2つのポイント」

2014年度診療報酬改定のポイント【1】

2014年度診療報酬改定のポイント【2】

 

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆この患者さんが救急外来に搬送れてきた際、行うことはどれでしょうか?

  1. 会話は可能であったため、意識レベルの観察は不要である。
  2. SpO<sub>2</sub>が保たれているため、酸素投与は必要ない。
  3. 傾眠傾向にあるため、覚醒を促すためにも歩行して処置台に移動してもらう。
  4. 全身の観察として皮膚色を観察した。

1207人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8061人の年収・手当公開中!

給料明細を検索