2022年2月から月4000円アップ!? 看護師の給料はいくら上がる?|ナースのための診療報酬改定(2)

2022年度診療報酬改定「看護師の処遇改善対策」のアイキャッチ画像

 

2022年度の診療報酬改定では「看護師の給料アップ対策」も注目ポイントです。

 

政府が掲げているこの対策で、看護師の給料はいくら上がるのでしょうか? 賃金アップの時期や金額、対象となる人などをまとめました。

 

 

2月から「月4000円の賃上げ」スタート、だけど…

看護師の給料を引き上げる取り組みは、すでに始まっています。

 

2022年2月から9月まで、看護師の給料を1%程度(月額平均4000円)引き上げるための補助金が設けられました。

 

2022年2-9月で行われる看護職員の処遇改善対策のポイントまとめ画像

 

ただし、給料アップの対象になるのは、「地域でコロナ医療など一定の役割を担う病院」として、3次救急病院や年間200件以上の救急搬送を受け入れている病院の看護師に限定されています。

 

このため、給料アップの対象になるのは、就業看護師の約3分の1に当たる57万人程度となり、ナース間で不公平感もあるかもしれません。

 

さらに、この補助金は看護師だけでなく、「看護補助者理学療法士作業療法士などの処遇改善に使ってもOK」とされています。

 

どの職種にいくら配分するか、それぞれの病院の判断にまかされているため、対象病院に勤めている看護師でも「月4000円も上がらない」ということがあり得るでしょう。

 

 

10月からは「月1万2000円」アップする?

ただ、この補助金は9月末で終了する、いわば一時的なものです。

 

より長期的で、より効果的な対策にするため、202210月からは、「看護師の給料を3%(月額平均12000円)引き上げるための診療報酬加算」が新設されることが決まっています。

 

2022年10月から予定される、診療報酬改定での「看護職員の処遇改善対策」のポイントまとめ画像

 

ただし、対象者になるのはどんな看護師か、加算を算定するための条件は何かなど、具体的なポイントは、実は2022年4月の診療報酬改定では未定のまま。先行して介護報酬で設けられた「介護職員の処遇改善加算」も参考にしつつ、夏ごろまでには決まる見通しです。

 

 

対象者の拡大が次の焦点!

厚生労働省「賃金構造統計調査」によると、2020年の看護師(平均年齢41.2歳)の月収は平均33万8400円。ボーナスを含めた年収は約480万~490万円となっています=関連記事:看護師の平均年収

 

看護師の平均給料の図表。月収33万8400円、ボーナス85万7500円、年収491万8300円

 

この金額は、全職種の平均と同じくらいの水準です。夜勤手当を含んでいることや業務負担の大きさを考えれば、看護師の給料が特別に高いわけではないでしょう。

 

日本看護協会は、コロナ禍の中で医療を支えたのは後方支援を行った医療機関・診療所訪問看護ステーション・介護施設なども同じだとして、

 

「すべての看護職員の処遇を改善してほしい」

 

と、この秋からの給料引き上げの対象が拡大することを強く求めています。今後の行方に注目です。

 

 

看護roo!編集部 烏美紀子(@karasumikiko

 

 

(参考)

看護職員等処遇改善事業(厚生労働省)

中央社会保険医療協議会総会 処遇改善(その1)(厚生労働省)

令和3年度厚生労働省補正予算案の概要(厚生労働省)

看護政策の実現に関する要望書(日本看護協会)

令和2年衛生行政報告例 就業保健師・助産師・看護師・准看護師(厚生労働省)

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆緩和ケアの問題◆以下の中で、非オピオイド鎮痛薬はどれでしょうか?

  1. モルヒネ
  2. コデイン
  3. フェンタニル
  4. NSAIDs

5758人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8687人の年収・手当公開中!

給料明細を検索