最終更新日 2018/10/16

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬とは・・・

ヒスタミン薬(こうひすたみんやく、histamine antagonist)とは、抗アレルギー薬の一つで、肥満細胞や好塩基球から遊離される化学伝達物質であるヒスタミンに対する受容体拮抗薬である。通常はH1受容体拮抗薬を指し、抗潰瘍薬としてのH2受容体拮抗薬とは区別される。

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンによる汁やくしゃみ皮膚や粘膜の掻痒感、充血や浮腫などを抑制する。

抗ヒスタミン薬には、第1世代と第2世代がある(第1世代抗ヒスタミン薬第2世代抗ヒスタミン薬の項参照)。

執筆: 佐々木 朗

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター小児救急フェロー 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ