膵臓と脾臓のエコー像

画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。
外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。

 

[前回の内容]

肝臓と胆囊のエコー像

 

今回は、「膵臓と脾臓のエコー像」についてのお話です。

 

加藤真吾
(横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室)

 

正常な肝臓と胆囊のエコー像の特徴は理解いただけましたか?

 

なんとなくですが、雰囲気はわかりました。
胆囊は教科書でみたことがある臓器の形のままですね。

 

エコー検査は臓器をそのまま映し出していますからね。

 

今回は、膵臓と脾臓かぁ・・・あまり馴染みがない臓器だからイメージがつきにくいです。

 

画像は慣れることが大切ですので、まずはどんな画像がみえるのかを覚えてください。
それでは、正常な膵臓と脾臓の代表的な画像を紹介します。

 

〈目次〉

 

膵臓

膵臓は、の背側にあるため、腹部エコーでの描出が難しい臓器です(図1)。

 

図1膵臓の位置

 

膵臓の位置

 

膵臓は胃の背側にあり、膵臓の頭側部分は十二指腸にくっついています。

 

膵臓のエコー像

ここで、膵臓の代表的なエコー像とシェーマ像をそれぞれ2点ずつ紹介します(図2図3)。

 

図2膵臓のエコー像とシェーマ像(1)

 

膵臓のエコー像とシェーマ像(1)

 

膵臓の曲がっている形が映っていて、中の濃い部分は脾静脈です。

 

図3膵臓のエコー像とシェーマ像(2)

 

膵臓のエコー像とシェーマ像(2)

 

胃の中に空気があるため、膵臓が見えにくくなっています。

 

膵臓にエコーを当てる際は、膵臓の下を走っている脾静脈を目印に描出します。しかし、膵臓は胃の背側に位置しているため、胃の中に空気や食物が入っている状態では、エコーによる描出が難しくなります。

 

また、描出可能な膵臓は、頭部と体部の一部です。膵臓の尾部が描出できることはほとんどありません

 

脾臓

脾臓は、腹部エコーで描出可能な臓器です(図4)。

 

図4脾臓の位置

 

脾臓の位置

 

脾臓は膵臓の尾側にくっついています。

 

脾臓のエコー像

ここで、脾臓の代表的なエコー像とシェーマ像を紹介します(図5)。

 

図5脾臓のエコー像とシェーマ像

 

脾臓のエコー像とシェーマ像

 

均一な内部エコーの臓器として、脾臓が映っています。

 

肝硬変の患者さんや、門脈圧が亢進している患者さんでは、脾臓が腫大することがあり、エコーで定量することができます。

 

 

Check Point

  • 膵臓は、一般的にエコーで描出することが難しく、膵臓尾部の描出はほぼ不可能です。
  • 脾臓のエコー検査は、肝硬変や門脈亢進症の患者さんの検査を行う際に有用です。

 

[次回]

腎臓のエコー像

 

 


[執筆者]
加藤真吾
横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室

 


Illustration:田中博志

 


SNSシェア

看護知識トップへ