看護用語辞典 ナースpedia キーワード:胃潰瘍

胃潰瘍とは・・・

最終更新日 2018/01/09

胃潰瘍(いかいよう、gastric ulcer)とは、胃粘膜の一部が、粘膜筋板よりも深くまで欠損した状態のことである。

好発年齢は40~60歳代がピークであり、胃角部に発生することが多い。

正常な状態では胃酸や消化酵素(攻撃因子)から粘膜を保護するため、さまざまな防御因子が働いている。しかし、何らかの原因で攻撃因子と防御因子のバランスが崩れることで胃潰瘍は発生するとされる。

【要因】
要因としては、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とヘリコバクター・ピロリ(H.pylori)が重要といわれている。
NSAIDsは、鎮痛薬や抗血小板薬などに使われている薬であるが、胃粘膜保護にかかわる酵素の合成を阻害すること(COX阻害作用)で防御因子が弱まり、粘膜を損傷し、胃潰瘍が発症するとされる。高齢者の慢性的なNSAIDsの使用で、胃潰瘍は特に起こりやすくなる。
H.pyloriは胃酸の中でも生息できる細菌であり、胃粘膜の傷害を引き起こすことで胃潰瘍の原因となる。

【症状】
胃潰瘍の症状としては、心窩部痛、不快感、嘔気・嘔吐、食思不振などの症状を呈することもあるが、約70%の患者は無症状との報告もある。心窩部痛は食直後に起こりやすい。

【合併症】
起こり得る合併症としては、大量の吐血や、吐血したものを誤嚥することによる窒息などがある。大量吐血の場合は、緊急の内視鏡的止血術が必要となる。
もう一つの重要な合併症として、潰瘍が深くなると消化管穿孔を引き起こすことがあり、注意が必要である。

【治療】
合併症に対する治療とともに、潰瘍に対する治療を行う。基本的にはNSAIDsなどの原因となり得る薬剤の中止やプロトンポンプ阻害薬(Proton pump Inhibitor; PPI)もしくはH2受容体拮抗薬(H2 receptor antagonist; H2RA)の投与を行う。H.pyloriが陽性であれば、潰瘍再発防止のため、慢性期に除菌を行う。

執筆

大久保祐希

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍に関するQ&A[08/03up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」に関するQ&Aです。 〈目次〉 1.胃潰瘍・十二指腸潰瘍ってどんな病気? 2.胃潰瘍・十二指腸潰瘍って何が原因なの? ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

第108回 国試どうだった?

今年は難しかった?簡単だった?試験を終えた会場から速報レポートです! [ 記事を読む ]

採血の手順と注意点

血管が細い場合、どうする? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

医師に言われてイラっとした言葉、ある?

投票数:
1364
実施期間:
2019年01月29日 2019年02月19日

バレンタインのチョコ、今まであげたチョコで一番高いのはいくらのチョコ?

投票数:
1330
実施期間:
2019年02月01日 2019年02月23日

心電図、得意?苦手?

投票数:
1318
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1172
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
983
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
832
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2240

以下の褥瘡に用いられる薬剤のうち、滲出液の量が多い創に使用するものはどれでしょうか?

  • 1.ポピヨン・ヨードシュガー
  • 2.スルファジアン銀
  • 3.トレチノイントコフェリル
  • 4.幼牛血液抽出物
今日のクイズに挑戦!