看護用語辞典 ナースpedia キーワード:胃潰瘍

胃潰瘍とは・・・

最終更新日 2018/01/09

潰瘍(いかいよう、gastric ulcer)とは、胃粘膜の一部が、粘膜筋板よりも深くまで欠損した状態のことである。

好発年齢は40~60歳代がピークであり、胃角部に発生することが多い。

正常な状態では胃酸や消化酵素(攻撃因子)から粘膜を保護するため、さまざまな防御因子が働いている。しかし、何らかの原因で攻撃因子と防御因子のバランスが崩れることで胃潰瘍は発生するとされる。

【要因】
要因としては、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とヘリコバクター・ピロリ(H.pylori)が重要といわれている。
NSAIDsは、鎮痛薬や抗血小板薬などに使われている薬であるが、胃粘膜保護にかかわる酵素の合成を阻害すること(COX阻害作用)で防御因子が弱まり、粘膜を損傷し、胃潰瘍が発症するとされる。高齢者の慢性的なNSAIDsの使用で、胃潰瘍は特に起こりやすくなる。
H.pyloriは胃酸の中でも生息できる細菌であり、胃粘膜の傷害を引き起こすことで胃潰瘍の原因となる。

【症状】
胃潰瘍の症状としては、心窩部痛、不快感、嘔気・嘔吐、食思不振などの症状を呈することもあるが、約70%の患者は無症状との報告もある。心窩部痛は食直後に起こりやすい。

【合併症】
起こり得る合併症としては、大量の吐血や、吐血したものを誤嚥することによる窒息などがある。大量吐血の場合は、緊急の内視鏡的止血術が必要となる。
もう一つの重要な合併症として、潰瘍が深くなると消化管穿孔を引き起こすことがあり、注意が必要である。

【治療】
合併症に対する治療とともに、潰瘍に対する治療を行う。基本的にはNSAIDsなどの原因となり得る薬剤の中止やプロトンポンプ阻害薬(Proton pump Inhibitor; PPI)もしくはH2受容体拮抗薬(H2 receptor antagonist; H2RA)の投与を行う。H.pyloriが陽性であれば、潰瘍再発防止のため、慢性期に除菌を行う。

執筆

大久保祐希

兵庫県立尼崎総合医療センター ER総合診療科フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍に関するQ&A[08/03up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.胃潰瘍・十二指腸潰瘍ってどんな... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

患者さんが転倒骨折! 要介護5になった責任はどこに?

実際の医療訴訟をもとにナースが気をつけるポイントを解説。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1398
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1379
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1196
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1121
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
980
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
906
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6726

◆看護技術・救急の問題◆気管挿管の介助で正しいのはどれでしょうか?

  • 1.標準的な成人男性に使用する挿管チューブの内径の太さは8.0~8.5mmである。
  • 2.成人の場合は、肩の下に枕を入れて声門が確認しやすい体位にする。
  • 3.挿管チューブは、パイロットバルーン内をカフ圧系で35cmH2Oに調整した。
  • 4.挿管後の聴診は、まず左右の呼吸音を聴いてから心窩部を聴く。
今日のクイズに挑戦!