看護用語辞典 ナースpedia キーワード:紫外線

紫外線とは・・・

最終更新日 2018/04/04

紫外線(しがいせん、ultraviolet)とは、紫色の可視光線より波長が短い電磁波である。波長によってUVA、 UVB、 UVCに分けられ、地表に達する紫外線の99%はUVAである。紫外線に長時間暴露されることにより、主に皮膚や目に影響が及ぶ。

【種類】
・UVA
紫外線はタンパク質を変性させるが、UVAは特に波長が長いため、真皮にまで影響を及ぼす。そのため、皮膚のコラーゲン線維が減少し弾性線維や膠原線維が変化・萎縮してしまい、皮膚を老化させる原因となる。

・UVB
UVBは地表にはほとんど届かないが、波長が短く、表皮層に作用する。細胞のDNA損傷を引き起こし、皮膚がんのリスクを伴うとされている。紫外線に対する人体の防御反応として、メラニンを生成することでそれ以上の紫外線の皮膚組織の侵入を防ごうとする。これがいわゆる「日焼け」である。またUVBは眼に対しても影響を及ぼし、電気性眼炎や雪眼炎、翼状片などの原因にもなる。

・UVC
通常はオゾン層を通過することができないが、生体に対する影響力が最も大きい。

【医療での活用】
紫外線は有害作用だけでなく皮膚におけるビタミンD生成にかかわっており、乾癬白斑などの多くの皮膚疾患でPUVA療法(ソラレンとUVAを併用する光化学療法)が効果を挙げている。

執筆

水 大介

神戸市立医療センター中央市民病院  救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

デキる新人担当はつらいよ|マンガ・病院珍百景

プリセプティが優秀だったときのプレッシャーといったら…!! [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1218
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1139
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1112
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
1018
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
905
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
559
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3532

広範囲熱傷の患者さんに起こる潰瘍を何というでしょうか?

  • 1.クッシング潰瘍
  • 2.シーリング潰瘍
  • 3.ボーリング潰瘍
  • 4.カーリング潰瘍
今日のクイズに挑戦!