看護用語辞典 ナースpedia キーワード:紫外線

紫外線とは・・・

最終更新日 2018/04/04

紫外線(しがいせん、ultraviolet)とは、紫色の可視光線より波長が短い電磁波である。波長によってUVA、 UVB、 UVCに分けられ、地表に達する紫外線の99%はUVAである。紫外線に長時間暴露されることにより、主に皮膚や目に影響が及ぶ。

【種類】
・UVA
紫外線はタンパク質を変性させるが、UVAは特に波長が長いため、真皮にまで影響を及ぼす。そのため、皮膚のコラーゲン線維が減少し弾性線維や膠原線維が変化・萎縮してしまい、皮膚を老化させる原因となる。

・UVB
UVBは地表にはほとんど届かないが、波長が短く、表皮層に作用する。細胞のDNA損傷を引き起こし、皮膚がんのリスクを伴うとされている。紫外線に対する人体の防御反応として、メラニンを生成することでそれ以上の紫外線の皮膚組織の侵入を防ごうとする。これがいわゆる「日焼け」である。またUVBは眼に対しても影響を及ぼし、電気性眼炎や雪眼炎、翼状片などの原因にもなる。

・UVC
通常はオゾン層を通過することができないが、生体に対する影響力が最も大きい。

【医療での活用】
紫外線は有害作用だけでなく皮膚におけるビタミンD生成にかかわっており、乾癬白斑などの多くの皮膚疾患でPUVA療法(ソラレンとUVAを併用する光化学療法)が効果を挙げている。

執筆

水 大介

神戸市立医療センター中央市民病院  救命救急センター医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1355
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1255
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1107
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1077
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
928
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
725
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1019

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!