看護用語辞典 ナースpedia キーワード:脳性麻痺

脳性麻痺とは・・・

最終更新日 2019/01/12

脳性麻痺(のうせいまひ、cerebral palsy;CP)とは、妊娠期間から新生児期に、脳の運動野が受けた損傷が原因で起こる姿勢・運動障害の総称である。遺伝性疾患、進行性疾患は除外される。
1000人に1~2人の割合で起こるとされている。

【症状】
乳児期には、首のすわりや寝返り、お座りができないといった運動発達の遅れ、四肢がかたく反り返りやすい、筋緊張の低下などがある。脳の非運動野も影響を受けている場合があるため、精神遅滞・行動障害・視力障害・聴力障害・てんかんなどの合併障害がみられることも多い。

【運動障害の性質による分類】
■痙直型

筋肉が硬直、衰弱し、腕や脚が正常に発達しない状態。硬直が及ぶと、筋力も低下し、動作がぎこちなくなる。
■アテトーゼ型
筋肉が不随意に動き、正常に制御することができない。非共同性の筋緊張。
■固縮型
屈伸両方の筋群の緊張亢進
■失調型
動きの統制がとれず、筋肉衰弱や運動不安定性、震えを特徴とする。
■低緊張型
筋緊張が低下する。
■混合型
痙直型とアテトーゼ型の両方が表れる。

【原因】
原因は多岐にわたるが、出生前要因が最も多いとされている。
■胎生期
先天性感染症、脳形成異常、脳出血虚血性脳障害
■周産期
未熟児出生、核黄疸、脳室周囲白質軟化症
■出生後
脳炎、髄膜炎、脳血管障害

【診断】
脳性麻痺の原因となる脳の損傷を明らかにするため、血液検査、筋肉の電位測定、筋肉の生検、脳のCT検査、MRI検査、脳脊髄液検査などを行うことがある。

【治療】
脳性麻痺の、様々な運動障害や神経障害を完全に治すことはできない。よって、姿勢・運動、摂食、発語などをコントロールするために、治療、訓練を受けることが中心になる。薬物療法、手術療法、言語療法などのリハビリテーションプログラムを作り、総合的な療育を行う。

引用参考文献
1)田邉雄三.脳性麻痺.系統看護学講座 小児看護学2 小児臨床看護各論.第13版,医学書院,2015,387-388.(ISBN9784260019903)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1330
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1175
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1159
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1048
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
915
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
576
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1663

◆消化器の問題◆以下のうち、胃瘻管理中の患者さんに対する看護として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.胃瘻を造設している患者さんはシャワーや入浴はできない。
  • 2.栄養剤を投与する際は、仰臥位で投与しても問題ない。
  • 3.ボタン型はチューブ型に比べて自己抜去のリスクが高い。
  • 4.胃瘻管理中は、出血・発赤・腫脹など局所の感染徴候がないか、創部の観察を行う。
今日のクイズに挑戦!