1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 呼吸測定の意義と必要な観察項目

2016年06月03日

呼吸測定の意義と必要な観察項目

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は呼吸測定について解説します。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

〈目次〉

 

呼吸測定の意義

呼吸とは、生命活動を維持するのに必要なエネルギーの産生を行うために酸素を取り入れ、代謝の結果生じた二酸化炭素を排出することです。

肺胞内の空気と、そこを流れる血液との間での酸素と二酸化炭素の交換を外呼吸とよびます。また末梢組織では動脈から酸素を取り入れ、二酸化炭素を静脈に排出しており、これを内呼吸とよびます。

バイタルサインとしての呼吸測定は、①呼吸数、②呼吸の深さ(換気量)、③呼吸のリズム、④呼吸音などです。

呼吸の状態を知ることによって、呼吸機能の異常をアセスメントすることができます。

 

呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目

呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目には、呼吸リズム・深さ・回数、SpO2値、呼吸音・チアノーゼ・自覚症状(息苦しさ・倦怠感)があります。

呼吸回数・深さ・リズムは、患者に意識させずリラックスした状態で測定することが大切です。また、その患者さんのいつもの値との変化をみることで異常の判断に役立ちます。

呼吸音は、音の減弱・副雑音の有無を聴診します(図1)。

図1肺の構造と呼吸音の聴診

肺の構造と呼吸音の聴診

 

肺の構造と呼吸音の聴診

左右対称に1か所1呼吸ずつ(吸気・呼気)行う

 

肺の構造と呼吸音の聴診

 

呼吸異常と病態の関連

呼吸に異常があった場合、さまざまな病態が関連していることが考えられます。何が原因で呼吸に異常がみられているのかをアセスメントしていくことが大切です(表1)。

表1呼吸数・深さ・リズムの異常

呼吸数・深さ・リズムの異常

 

呼吸音には、正常呼吸音(肺胞呼吸音、気管支肺胞呼吸音)と、病的な肺から聴取できる異常呼吸音(無気肺気胸による呼吸音の減弱など)の副雑音(断続性副雑音、連続性副雑音)とに分類されます(図2図3)。

図2肺音の分類

肺音の分類

(肺の聴診に関する国際シンポジウム.日本医師会雑誌、94(12):2049~2052、1985より改変)

 

図3副雑音の種類

副雑音の種類

 

  • 水泡音(コースクラックル):水泡の弾けるような「パチパチ、ブツブツ」という低い音で、気管支や細気管支での分泌物の貯留が原因だと予測されます。
  • 捻髪音(ファインクラックル):毛髪を捻るような「チリチリ」という高い音で、肺の間質の肥厚により硬くなった肺胞が開く音です。
  • いびき音(ロンカイ)咽頭から気管支まで聴取される「ボーボー」という低い音で、比較的太い気管の狭窄が原因だと予測されます。
  • 笛性音(ウィーズ):末梢気管支で聴取される「ヒューヒュー」という高い音で、細い気管支の狭窄が原因だと予測されます。

 

慢性的な呼吸器疾患がある患者への酸素投与

慢性的な呼吸器疾患がある患者に酸素投与をするときは、二酸化炭素(CO2)ナルコーシスに注意が必要です。

慢性的に二酸化炭素濃度が高い状態が続くと、二酸化炭素濃度の上昇に対する中枢化学受容体の反応が鈍くなります。このとき、呼吸は酸素濃度の低下の刺激によって保たれていますが、ここに高濃度の酸素を投与して低酸素血症を急激に改善させてしまうと、酸素低下による刺激もなくなり、換気は低下し、さらなる二酸化炭素の蓄積を引き起こしてしまいます。

二酸化炭素ナルコーシスの症状には、頭痛、あくび、振戦、発汗、意識障害傾眠、昏睡、けいれん)などがあります。さらに悪化すると死に至ることもあります。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 摂食と嚥下 [11/05up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は摂食と嚥下について解説します。 江口正信 公立福生病院診療部部長   摂食と嚥下とは 摂食・嚥下とは、食べ物を認識して、咀嚼し、口腔から咽頭、食道を経て6胃に... [ 記事を読む ]

  • 血圧測定の意義とポイントは? [06/28up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血圧測定の意義とポイントについて解説します。 江口正信 公立福生病院診療部部長   〈目次〉 血圧測定の意義 血圧計の種類 血圧測定の実際 ... [ 記事を読む ]

  • 呼吸測定の意義と必要な観察項目 [06/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は呼吸測定について解説します。 江口正信 公立福生病院診療部部長   〈目次〉 呼吸測定の意義 呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目 呼吸異常と...

  • 脈拍測定から何がわかるの? [05/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍測定の意義について解説します。 江口正信 公立福生病院診療部部長   〈目次〉 脈拍測定の意義 脈拍とは   脈拍測定の意義 ... [ 記事を読む ]

  • 発熱時のクーリングのポイントは? [04/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は発熱時のクーリングについて解説します。 江口正信 公立福生病院診療部部長   〈目次〉 発熱を知るためには 熱型の種類 クーリング 発... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • VAP(人工呼吸器関連肺炎)判定の方法は? [09/11up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「VAP(人工呼吸器関連肺炎)」に関するQ&Aです。 VAP判定の方法は? 判定には、VAEアルゴリズムを使用します。 〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 酸素療法中の食事はどうするの? [01/31up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「酸素療法中の食事」に関するQ&Aです。 酸素療法中の食事はどうするの? 鼻カニューラの場合は、そのまま食事を摂ることができます。酸素マスクの場合は、... [ 記事を読む ]

  • 呼吸モニタリング|術中モニタリング [07/07up]

    『オペナース』2014年創刊号<術前・術後看護の視点>より抜粋。 呼吸モニタリングについて解説します。 Point 呼吸のモニタリングでは,五感を用いた観察が大切であり,器械を用いたモニタリングを加えて評価す... [ 記事を読む ]

  • 知っておきたい臨床で使う指標【総目次】 [05/25up]

      根本 学 (埼玉医科大学国際医療センター 救命救急科診療部長)   はじめに 臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つです。 指標を上手く使いこなすことができると... [ 記事を読む ]

  • 酸素療法にかかわる インシデントってあるの? [02/10up]

    『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。 今回は「酸素療法にかかわるインシデント」に関するQ&Aです。 酸素療法にかかわるインシデントってあるの? 酸素チューブの接続外れなど、数多くのインシデントが... [ 記事を読む ]

いちおし記事

デキる新人担当はつらいよ|マンガ・病院珍百景

プリセプティが優秀だったときのプレッシャーといったら…!! [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1210
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1133
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1106
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
1010
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
887
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
507
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1013

広範囲熱傷の患者さんに起こる潰瘍を何というでしょうか?

  • 1.クッシング潰瘍
  • 2.シーリング潰瘍
  • 3.ボーリング潰瘍
  • 4.カーリング潰瘍
今日のクイズに挑戦!