1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 呼吸測定の意義と必要な観察項目

2016年06月03日

呼吸測定の意義と必要な観察項目

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は呼吸測定について解説します。

〈目次〉

 

呼吸測定の意義

呼吸とは、生命活動を維持するのに必要なエネルギーの産生を行うために酸素を取り入れ、代謝の結果生じた二酸化炭素を排出することです。

肺胞内の空気と、そこを流れる血液との間での酸素と二酸化炭素の交換を外呼吸とよびます。また末梢組織では動脈から酸素を取り入れ、二酸化炭素を静脈に排出しており、これを内呼吸とよびます。

バイタルサインとしての呼吸測定は、①呼吸数、②呼吸の深さ(換気量)、③呼吸のリズム、④呼吸音などです。

呼吸の状態を知ることによって、呼吸機能の異常をアセスメントすることができます。

 

呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目

呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目には、呼吸リズム・深さ・回数、SpO2値、呼吸音・チアノーゼ・自覚症状(息苦しさ・倦怠感)があります。

呼吸回数・深さ・リズムは、患者に意識させずリラックスした状態で測定することが大切です。また、その患者さんのいつもの値との変化をみることで異常の判断に役立ちます。

呼吸音は、音の減弱・副雑音の有無を聴診します(図1)。

図1肺の構造と呼吸音の聴診

肺の構造と呼吸音の聴診

 

肺の構造と呼吸音の聴診

左右対称に1か所1呼吸ずつ(吸気・呼気)行う

 

肺の構造と呼吸音の聴診

 

呼吸異常と病態の関連

呼吸に異常があった場合、さまざまな病態が関連していることが考えられます。何が原因で呼吸に異常がみられているのかをアセスメントしていくことが大切です(表1)。

表1呼吸数・深さ・リズムの異常

呼吸数・深さ・リズムの異常

 

呼吸音には、正常呼吸音(肺胞呼吸音、気管支肺胞呼吸音)と、病的な肺から聴取できる異常呼吸音(無気肺や気胸による呼吸音の減弱など)の副雑音(断続性副雑音、連続性副雑音)とに分類されます(図2図3)。

図2肺音の分類

肺音の分類

(肺の聴診に関する国際シンポジウム.日本医師会雑誌、94(12):2049~2052、1985より改変)

 

図3副雑音の種類

副雑音の種類

 

  • 水泡音(コースクラックル):水泡の弾けるような「パチパチ、ブツブツ」という低い音で、気管支や細気管支での分泌物の貯留が原因だと予測されます。
  • 捻髪音(ファインクラックル):毛髪を捻るような「チリチリ」という高い音で、肺の間質の肥厚により硬くなった肺胞が開く音です。
  • いびき音(ロンカイ)咽頭から気管支まで聴取される「ボーボー」という低い音で、比較的太い気管の狭窄が原因だと予測されます。
  • 笛性音(ウィーズ):末梢気管支で聴取される「ヒューヒュー」という高い音で、細い気管支の狭窄が原因だと予測されます。

 

慢性的な呼吸器疾患がある患者への酸素投与

慢性的な呼吸器疾患がある患者に酸素投与をするときは、二酸化炭素(CO2)ナルコーシスに注意が必要です。

慢性的に二酸化炭素濃度が高い状態が続くと、二酸化炭素濃度の上昇に対する中枢化学受容体の反応が鈍くなります。このとき、呼吸は酸素濃度の低下の刺激によって保たれていますが、ここに高濃度の酸素を投与して低酸素血症を急激に改善させてしまうと、酸素低下による刺激もなくなり、換気は低下し、さらなる二酸化炭素の蓄積を引き起こしてしまいます。

二酸化炭素ナルコーシスの症状には、頭痛、あくび、振戦、発汗、意識障害傾眠、昏睡、けいれん)などがあります。さらに悪化すると死に至ることもあります。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版根拠から学ぶ基礎看護技術』編著江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 摂食と嚥下 [11/05up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は摂食と嚥下について解説します。 摂食と嚥下とは 摂食・嚥下とは、食べ物を認識して、咀嚼し、口腔から咽頭、食道を経て6胃に送り込むという一連の流れです。 摂食・嚥下のプ... [ 記事を読む ]

  • 血圧測定の意義とポイントは? [06/28up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血圧測定の意義とポイントについて解説します。 〈目次〉 血圧測定の意義 血圧計の種類 血圧測定の実際 血圧測定を行う際の禁忌事項   血圧... [ 記事を読む ]

  • 呼吸測定の意義と必要な観察項目 [06/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は呼吸測定について解説します。 〈目次〉 呼吸測定の意義 呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目 呼吸異常と病態の関連 慢性的な呼吸器疾患がある患者への酸素...

  • 脈拍測定から何がわかるの? [05/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍測定の意義について解説します。   〈目次〉 脈拍測定の意義 脈拍とは   脈拍測定の意義 脈拍とは、血液が心臓から大動脈に送り出... [ 記事を読む ]

  • 発熱時のクーリングのポイントは? [04/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は発熱時のクーリングについて解説します。   〈目次〉 発熱を知るためには 熱型の種類 クーリング 発熱を知るためには 発熱を知るためには... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 聴診器が医師の命を救った!? 聴診器がもたらした200年 [12/13up]

    聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説している『聴診スキル講座』ですが、ここでちょっと一息。 今回は、本編とは別に、聴診に関する豆知識やグッズを紹介します。 コラムの第6話は、... [ 記事を読む ]

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の疾患解説 [06/13up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

  • 酸素を使わず、呼吸する?|呼吸する(1) [07/30up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、呼吸器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 いざ、毛細血管の中へ|流れる・運ぶ(5) 解剖生理学の面白さを知るため、身体を冒... [ 記事を読む ]

  • 総目次:聴診スキル講座 [03/11up]

      はじめに 学校でも詳しく教えてもらえない聴診について、聴診器を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 『聴診スキル講座』の大きな特徴は、実際の疾患の聴診音が聴... [ 記事を読む ]

  • 肺気量|基本量と基本容量|呼吸 [09/02up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 ガス交換の力学的解析-換気力学の三要素 今回は、肺気量について解説します。   Summary 肺気量には4... [ 記事を読む ]

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

体調不良でお休みの連絡をしたとき、あなたの勤務先の対応は?

投票数:
1281
実施期間:
2019年02月26日 2019年03月19日

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1270
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1161
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1152
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1059
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
875
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
249
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2140

全身麻酔下で長時間の手術を受け、侵襲が加わった患者さんに対する栄養管理について正しいのはどれでしょうか?

  • 1.生体に侵襲が加わると必ず供給される内因性エネルギーは、筋タンパク質異化により供給されるアミノ酸を基質とした糖新生のことである。
  • 2.侵襲が加わった患者さんへのエネルギー供給は、「内因性エネルギー+外因性エネルギー=TEE(一日総消費エネルギー量)」となるように供給する。
  • 3.Overfeedingとは、過剰エネルギー投与のことだが、侵襲下のOverfeedingが引き起こされる代謝性有害事象には1)高血糖と2)栄養ストレスの2つがある。
  • 4.侵襲が加わった患者さんに外因性エネルギー供給である栄養投与を行うと、ホルモン・サイトカイン環境に直接作用して侵襲反応を軽減する。
今日のクイズに挑戦!