1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 呼吸測定の意義と必要な観察項目

2016年06月03日

呼吸測定の意義と必要な観察項目

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は呼吸測定について解説します。

〈目次〉

 

呼吸測定の意義

呼吸とは、生命活動を維持するのに必要なエネルギーの産生を行うために酸素を取り入れ、代謝の結果生じた二酸化炭素を排出することです。

肺胞内の空気と、そこを流れる血液との間での酸素と二酸化炭素の交換を外呼吸とよびます。また末梢組織では動脈から酸素を取り入れ、二酸化炭素を静脈に排出しており、これを内呼吸とよびます。

バイタルサインとしての呼吸測定は、①呼吸数、②呼吸の深さ(換気量)、③呼吸のリズム、④呼吸音などです。

呼吸の状態を知ることによって、呼吸機能の異常をアセスメントすることができます。

 

呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目

呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目には、呼吸リズム・深さ・回数、SpO2値、呼吸音・チアノーゼ・自覚症状(息苦しさ・倦怠感)があります。

呼吸回数・深さ・リズムは、患者に意識させずリラックスした状態で測定することが大切です。また、その患者さんのいつもの値との変化をみることで異常の判断に役立ちます。

呼吸音は、音の減弱・副雑音の有無を聴診します(図1)。

図1肺の構造と呼吸音の聴診

肺の構造と呼吸音の聴診

 

肺の構造と呼吸音の聴診

左右対称に1か所1呼吸ずつ(吸気・呼気)行う

 

肺の構造と呼吸音の聴診

 

呼吸異常と病態の関連

呼吸に異常があった場合、さまざまな病態が関連していることが考えられます。何が原因で呼吸に異常がみられているのかをアセスメントしていくことが大切です(表1)。

表1呼吸数・深さ・リズムの異常

呼吸数・深さ・リズムの異常

 

呼吸音には、正常呼吸音(肺胞呼吸音、気管支肺胞呼吸音)と、病的な肺から聴取できる異常呼吸音(無気肺気胸による呼吸音の減弱など)の副雑音(断続性副雑音、連続性副雑音)とに分類されます(図2図3)。

図2肺音の分類

肺音の分類

(肺の聴診に関する国際シンポジウム.日本医師会雑誌、94(12):2049~2052、1985より改変)

 

図3副雑音の種類

副雑音の種類

 

  • 水泡音(コースクラックル):水泡の弾けるような「パチパチ、ブツブツ」という低い音で、気管支や細気管支での分泌物の貯留が原因だと予測されます。
  • 捻髪音(ファインクラックル):毛髪を捻るような「チリチリ」という高い音で、肺の間質の肥厚により硬くなった肺胞が開く音です。
  • いびき音(ロンカイ)咽頭から気管支まで聴取される「ボーボー」という低い音で、比較的太い気管の狭窄が原因だと予測されます。
  • 笛性音(ウィーズ):末梢気管支で聴取される「ヒューヒュー」という高い音で、細い気管支の狭窄が原因だと予測されます。

 

慢性的な呼吸器疾患がある患者への酸素投与

慢性的な呼吸器疾患がある患者に酸素投与をするときは、二酸化炭素(CO2)ナルコーシスに注意が必要です。

慢性的に二酸化炭素濃度が高い状態が続くと、二酸化炭素濃度の上昇に対する中枢化学受容体の反応が鈍くなります。このとき、呼吸は酸素濃度の低下の刺激によって保たれていますが、ここに高濃度の酸素を投与して低酸素血症を急激に改善させてしまうと、酸素低下による刺激もなくなり、換気は低下し、さらなる二酸化炭素の蓄積を引き起こしてしまいます。

二酸化炭素ナルコーシスの症状には、頭痛、あくび、振戦、発汗、意識障害傾眠、昏睡、けいれん)などがあります。さらに悪化すると死に至ることもあります。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版根拠から学ぶ基礎看護技術』編著江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 摂食と嚥下 [11/05up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は摂食と嚥下について解説します。 摂食と嚥下とは 摂食・嚥下とは、食べ物を認識して、咀嚼し、口腔から咽頭、食道を経て6胃に送り込むという一連の流れです。 摂食・嚥下のプ... [ 記事を読む ]

  • 血圧測定の意義とポイントは? [06/28up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血圧測定の意義とポイントについて解説します。 〈目次〉 血圧測定の意義 血圧計の種類 血圧測定の実際 血圧測定を行う際の禁忌事項   血圧... [ 記事を読む ]

  • 呼吸測定の意義と必要な観察項目 [06/03up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は呼吸測定について解説します。 〈目次〉 呼吸測定の意義 呼吸状態のアセスメントに必要な観察項目 呼吸異常と病態の関連 慢性的な呼吸器疾患がある患者への酸素...

  • 脈拍測定から何がわかるの? [05/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍測定の意義について解説します。   〈目次〉 脈拍測定の意義 脈拍とは   脈拍測定の意義 脈拍とは、血液が心臓から大動脈に送り出... [ 記事を読む ]

  • 発熱時のクーリングのポイントは? [04/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は発熱時のクーリングについて解説します。   〈目次〉 発熱を知るためには 熱型の種類 クーリング 発熱を知るためには 発熱を知るためには... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • びまん性汎細気管支炎(DPB)の疾患解説 [08/08up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! よ... [ 記事を読む ]

  • 喘息【疾患解説編】|気をつけておきたい季節の疾患【6】 [04/21up]

    来院された患者さんの疾患を見て季節を感じる…なんて経験ありませんか? 本連載では、その時期・季節特有の疾患について、治療法や必要な検査、注意点などを解説します。また、ナースであれば知っておいてほしいポイントや、その疾患の患者さんに... [ 記事を読む ]

  • 圧力に関係する単位|呼吸 [08/26up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 呼吸機能を表す記号 今回は、圧力に関係する単位について解説します。   Summary 呼吸機能に関して最も... [ 記事を読む ]

  • 急性間質性肺炎の疑いのある患者さんの聴診音 [09/27up]

    この【実践編】では、呼吸器内科専門医の筆者が、疾患の解説と、聴診音をもとに聴診のポイントを解説していきます。 ここで紹介する聴診音は、筆者が臨床現場で録音したものです。眼と耳で理解できる解説になっているので、必見・必聴です! 初... [ 記事を読む ]

  • 縦隔ドレナージ | ドレーン・カテーテル・チューブ管理 [07/30up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は縦隔ドレナージについて説明します。   〈目次〉 縦隔ドレナージの定義 縦隔ドレナージの適応 縦隔ドレナージの挿入経路と留置部位... [ 記事を読む ]

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1307
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1122
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
779
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
1004
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
969
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
689
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2410

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!