2015年10月26日

ICG試験|消化器系の検査

『看護に生かす検査マニュアル』より転載。
今回は、ICG試験について解説します。

高木 康
昭和大学医学部教授

 

〈目次〉

ICG試験とはどんな検査か

インドシアニン・グリーン(ICG)試験は色素負荷試験の1つで、肝臓の解毒能力(異物を処理する能力)を把握する検査である。

経静脈的色素負荷後、15分後の血中残存率から肝の色素排泄機能を評価する。静脈注射されたICGは肝臓のみ選択的に取り込まれ(肝外排泄なし)、胆汁中に排泄される。肝血流量と肝細胞の色素取り込み能力が低下している場合、ICGが肝臓に取り込まれず、血液中に残存する。

ICG注射15分後に血中に残っているICGの割合を「15分停滞率(ICG-R15)」と呼ぶ。肝硬変などの障害肝では、ICGを取り込む能力が低下しているため、結果、ICG-R15は高値を示す。

ICG試験は、①有効肝血流量、②肝細胞の色素摂取・排泄能力が反映され、肝の総合的機能の検査として高く評価される。ICG値として、算出方法により15分停滞率(ICG-R15)のほかに、血中消失率(K値)が用いられる。15分停滞率(ICG-R15)と血中消失率(K値)は極めて相関性が高い。

 

ICG試験の目的

  • 慢性肝障害の進展度診断。
  • 肝がんの手術治療方針の決定(手術適応・許容肝切除範囲)。
  • 術後の肝機能の把握。

 

評価方法と基準値

  • 血中停滞率(ICG-R15) 基準値:10%以下
  • 血中消失率(K値) 基準値:0.18-0.20
  • 最大除去率(Rmax):通常0.5mg/kgと5mg/kgの2つの濃度でICG試験を行い、そのK値より算定する。

基準値:3.18±1.62mg/kg/分
1.0以上が肝切除術の適応となる。

肝線維化に伴いICG-R15は高値を示す。慢性日活動性肝炎から肝硬変への進展に伴いICG-R15は上昇。

値の目安としてICG-R15が20%以上では、慢性活動性肝炎を考慮し、30%以上、K値が0.05以下を示す場合は肝硬変の可能性が高いと判断する。35%以上では非代償性肝硬変の状態と判断する(表1)。

表1ICG試験と異常値

ICG試験と異常値

 

ICG試験の実際

ICG検査前は運動による肝血流量の変化を避けるため、原則として早朝空腹時に以下の手順で検査を行う。

必要物品

・ジアグノグリーン(ICG)試薬・10mLシリンジ・18G針(溶解用)・翼状針

【血管確保用】
・駆血帯・皮膚用消毒綿(アルコール綿など)・20~22G留置針・三方活栓・三方活栓キャップ・ヘパリン生食液・固定用テープ・針捨てボックス

図1必要物品(血管確保用)

必要物品(血管確保用)

 

【採血用】
・検体容器(分離剤入り生化学)4本・ストップウォッチまたはタイマー・2mLシリンジ

図2必要物品(採血用)

必要物品(採血用)

 

ICG試験前後の看護の手順

  1. 朝食が禁食になっているか確認をする。
  2. 空腹時の体重測定をする。
  3. 指示の再確認をし、必要物品を準備する。
    ・検査前の採血用検体容器1本
    ・体重1㎏あたり0.5㎎(0.1mL)のジアグノグリーン試薬を注射器に吸ったもの
    ※1つのトレイに、1回分の必要物品を入れる。
  4. 患者にフルネーム、誕生日を名乗ってもらい、氏名と誕生日の確認をカルテで行う。
  5. 医師より検査について説明されているか確認する。
  6. 検査前に排尿を済ませてもらう。
  7. 検査手順を説明し、バイタルサインを測定する。
  8. 患者に楽な姿勢をとってもらい(臥位)採血前30分安静臥床する。採血側の腕の下に処置用シーツを敷く。
  9. 検査説明後、片腕に留置針挿入を行い、三方活栓を留置針に直接接続し、検査前の採血を行い、採血後ヘパリン生食液を注入する(図3)。
  10. 留置した腕とは反対側の腕よりジアグノグリーン試薬をゆっくりと注入する(図4)。
    注入終了後、タイマーまたはストップウォッチを予定時間にセットしスタートする。
  11. 試薬注入時は、患者の全身状態を観察する。※ショック時はただちに注入を中止し、救命処置を行う。
  12. 5分、10分、15分後の採血を行う。採血時⑨で注入したヘパリン生食液を2mL程度吸引後採血する。再度ヘパリン生食液を注入する。
    指示により20分、30分、40分、50分、60分後も採血する場合もある(血中消失率測定、図5)。
    ※針はリキャップせず、針捨てボックスに捨てる。
  13. 検査終了後バイタルサインの測定と全身状態の観察を行う。
  14. 異常がないことを確認と、留置針を抜去して、刺入部を止血固定する。
  15. 食事摂取可能であることを伝える。

図3ヘパリン生食の注入

ヘパリン生食の注入

 

図4ジアグノグリーン試薬の注入

ジアグノグリーン試薬の注入

 

図5採血時の様子

採血時の様子

 

ICG試験において注意すべきこと

高度肥満や多量の腹水がある患者では、そのままの体重量換算でICGを投与すると、肝重量や循環血液量に対して過剰投与になる可能性があるため、標準体重に換算したICG量を投与する必要がある。また、体位により肝血流量の変化を考慮して、安静・仰臥位にて検査を施行する。

 

ICG試験現場での患者との問答例

おはようございます。今日は肝臓の機能を調べるための採血の検査ですね。

いつもの採血とどう違うんでしたっけ?
すぐ終わるんですよね。

いつもは血液を採るだけですが、今日は試験薬の注射があります。
緑色の色素のお薬を注射して15分後にその色素が肝臓で排泄されて、血液の中での濃度がどれくらい減ったのかを測定します。色素の注射をする前の採血、色素の注射、注射の後の採血を3回
行います。その数値で肝臓の機能を調べます。

わかりました。じゃ、よろしくお願いします。

では、まず体重を測りましょう。
使用する試験薬の量を、○○さんの体重から、先生が計算して決めますので。体重を測った後はベッド上で安静にしていてください。15〜20分くらいで検査はすべて終了します。

わかりました。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』 (編著)高木康/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)|消化器系の検査 [10/30up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、ERCP検査(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 ERCP検査とはどんな検査か ERC... [ 記事を読む ]

  • 肝生検|消化器系の検査 [10/28up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、肝生検について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 肝生検とはどんな検査か 肝生検の目的 肝生検の実際 肝生検前後の... [ 記事を読む ]

  • ICG試験|消化器系の検査 [10/26up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、ICG試験について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 ICG試験とはどんな検査か ICG試験の目的 ICG試験の実際 ...

  • PFD試験|消化器系の検査 [10/23up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、PFD試験について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 PFD試験とはどんな検査か PFD試験の目的 PFD試験の実際 ... [ 記事を読む ]

  • 注腸造影検査|消化器系の検査 [10/21up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、注腸造影検査について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 注腸造影検査とはどんな検査か 注腸造影検査の目的 注腸造影検査... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 肝臓と胆囊のエコー像 [07/27up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 エコー(超音波)... [ 記事を読む ]

  • 膵臓と脾臓のエコー像 [08/03up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 肝臓と胆囊のエコ... [ 記事を読む ]

  • 脂肪肝を判断する肝腎コントラスト [12/07up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「脂肪肝を判断する肝腎コントラスト... [ 記事を読む ]

  • 医師がエコー検査を行っている間、看護師さんにフォローして欲しいこと [02/22up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、看護師さんに知っておいて欲しい「医... [ 記事を読む ]

  • 総目次:初めてのエコー(超音波)検査 [07/13up]

      はじめに エコー(超音波)検査は、患者さんに与える負担が少なく、簡便に行える検査として、非常に汎用性の高い画像検査です。このため、看護師として働いている皆さんの多くが、入院してくる患者さんの現病歴や申し送りの... [ 記事を読む ]

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1402
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1280
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1158
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1059
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
892
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
658
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2480

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!