心エコー検査

『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。
今回は心エコー検査について解説します。

大森昌子
新東京病院看護部

 

〈目次〉

 

心エコー検査はどんな検査?

心エコー検査(心臓超音波検査)では、生体内に超音波を照射し、反射してきた波を分析・画像化することで、心臓の動きや形態などの内部構造を調べることができます。また、プローブを動かすことで、観察方向を簡単に変えることができ、リアルタイムにみることができます。

心エコー検査の観察方法には、経胸壁心エコー(transthoracic echocardiography;TTE)経食道心エコー(transesophageal echocardiography;TEE)の2種類があります。

 

経胸壁心エコー(TTE)

左側臥位を基本とし、プローブを胸部に当て体表面から心臓をみる、最も非侵襲的な検査です(図1)。

心機能、心拡大、心肥大、心臓弁膜症、血栓、心囊液量などを評価します。

図1経胸壁心エコー(TTE)中の様子

経胸壁心エコー(TTE)中の様子

経食道心エコー(TEE)

プローブを飲み込んでもらい、心臓の後方を食道からみる半侵襲的な検査です(図2)。

検査は必要に応じて鎮静または麻酔下で行うため、検査中は呼吸循環のモニタリングが必要です。

食道心エコーでは左心房や僧帽弁を詳細に観察でき、左房内血栓、感染性心内膜炎(IE)の疣贅(ゆうぜい)、心臓弁膜症を中心とする術前および術中の評価に有用です。

図2経食道心エコー(TEE)のしくみ

経食道心エコー(TEE)のしくみ

 

経胸壁と経食道での画像の違い

経食道心エコーではプローブの隣に左心房があり、経胸壁心エコーでは最も遠くなってしまう左心房の観察に適しています(図3図4)。

図3経胸壁心エコーと経食道心エコーの照射部位

経胸壁心エコーと経食道心エコーの照射部位

 

図4経胸壁心エコーと経食道心エコーの実際の画像(左房内血栓の例)

経胸壁心エコーと経食道心エコーの実際の画像(左房内血栓の例)

 

観察画面と画像

心エコー検査の観察画面には表1のようなものがあります(断層心エコー法の基本断面像は図5)。

表1観察画面の種類

観察画面の種類

 

図5断層心エコー法の基本断面像

断層心エコー法の基本断面

 


文献

  • 1)医療情報科学研究所編:病気がみえる vol.2循環器 第4版.メディックメディア,東京,2017.     
  • 2)齋藤滋監修,高橋佐枝子,島袋朋子編:やさしくわかる心臓カテーテル 検査・治療・看護.照林社,東京,2014.    
  • 3)木村文子,西村重敬編:見て診て学ぶ 虚血性心疾患の画像診断 ̶CT・MRI・医学・USで診断する̶.永井書店,大阪,2009.   
  • 4)川久保清:運動負荷心電図 その方法と読み方 第2版.医学書院,東京,2010.     
  • 5)水島美津子,岩下淨明,上條敏夫 他:図説 超音波検査シリーズ12.国立医療学会編:超音波検査の進め方 下肢動脈・下肢静脈疾患のチェックポイント.医療 2006;60(12):788-796.  
  • 6)小山英則:末梢動脈疾患(PAD)診断と治療の進歩.日本内科学会雑誌 2008;97(2):267-397.
  • 7)中西新,副島宏美:血管超音波検査による下肢動脈血流の評価.創傷 2011;2(2):65-72.

本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 循環器」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 循環器 第2版』 編集/新東京病院看護部/2020年2月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ