看護用語辞典 ナースpedia キーワード:創傷

創傷とは・・・

最終更新日 2018/02/06

創傷(そうしょう、wound)とは、皮膚・皮下組織などの開放性もしくは表在性の損傷などを含めた全ての損傷のことである。

狭義では「創」は開放性損傷を指し、皮膚の連続性が断たれた状態である。また、「傷」は非開放性損傷を指し、皮膚の連続性が維持された状態である。

【分類】
創傷の受傷機転や形態により下記のように大きく分けられる。
■切創
ナイフや包丁などの鋭器による開放性損傷で、皮膚が分断状に損傷され、創縁は直線状である。まっすぐに切れた傷にあり、組織欠損はない。
■割創
重量のある鈍器により、強い衝撃が体表に加わり皮膚が分断された開放性損傷である。創縁は直線状で、名前の通り割れたような創になるが、組織欠損はない。
■刺創
刺器、つまり刃物や釘、木片などのようなもので刺された創であり、創口が小さい割に、深部の組織まで及ぶことが多い。通常、組織欠損はない。
■裂創
鈍的外力、つまり強い牽引力や圧迫によって、皮膚が過度に伸展されたときに、引き裂かれた創である。創縁は不規則・不整なことが多く、挫創と区別がつきにくく、組織欠損はない。
■挫創(挫滅創、挫傷)
鈍的外力による圧挫が原因で発生する開放性損傷となったものが挫創であり、皮膚には損傷なく、深部の組織が非開放性に損傷されたものが挫傷である。また、挫創の中でも、高度な組織損傷を伴う場合は挫滅創と表現される。基本的には組織欠損はないが、挫滅が強く深部組織の壊死などを起こすと、二次的に組織欠損を生じる。
■剝皮創
鈍器などによる牽引外力、剪断力(回転するタイヤなど)によって、皮膚・皮下組織が筋組織から剥脱された創である。皮下血流が損傷され、皮膚皮下組織の遅発性壊死を起こすことが少なくない。
■擦過創
摩擦などの外力による皮膚表層の損傷である。組織欠損はなく、治癒は速やかに行われることが多い。

執筆

金谷裕司

自治医科大学 整形外科

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

看護師5年目の「辞めたい」

5年目ナース、ムラちゃんが悩んでいることは… [ 記事を読む ]

院内感染対策

感染対策のキホンをおさらい。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
931
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
884
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
684
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日

つばを吐きかけた患者に平手し減給処分。同じ看護師としてどう思う?

投票数:
685
実施期間:
2018年10月17日 2018年11月07日

看護実習、ブラックだった?

投票数:
696
実施期間:
2018年10月18日 2018年11月08日

ナース服を洗濯する頻度は?

投票数:
669
実施期間:
2018年10月19日 2018年11月09日

わたしを騙した最低男選手権!

投票数:
333
実施期間:
2018年10月23日 2018年11月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者183

74歳の糖尿病の患者さん。食事指導と内服管理を目的に、訪問看護を依頼することになりました。訪問看護を開始するに当たり、かかりつけ医(主治医)が必ず発行しなければならない書類は、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.情報提供書
  • 2.受診時のカルテの写し
  • 3.ケアプラン
  • 4.訪問看護指示書
今日のクイズに挑戦!