看護用語辞典 ナースpedia キーワード:超音波

超音波とは・・・

最終更新日 2019/10/25

超音波(ちょうおんぱ、ultrasonic)とは、音の一種である。一般的には、20kHzを超える「周波数が高くて人間のに聞こえない音」、または「聞くことを目的としない音」を指す。

医療では、超音波を対象物に当ててその反響を探知した情報を映像化する画像検査法である、超音波検査に用いられる。エコー(echo)ともいう。

執筆

井上 彰

明石医療センター 救急科医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

  • 超音波検査(心臓)|循環器系の検査[09/09up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、超音波検査(心臓)について解説します。 高木 康 昭和大学医学部教授   〈目次〉 超音波検査(心臓)・心エコーとはどんな検査か 超音波検査(心... [ 記事を読む ]

  • エコー(超音波)機器の特徴と取り扱い注意点[07/13up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、「エコー(超音波)機器の特徴と取り... [ 記事を読む ]

  • エコー(超音波)の性質と特徴[07/20up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 〈前回の内容〉 エコー(超音波)... [ 記事を読む ]

  • 胃内からエコーを当てる超音波内視鏡(EUS)と管腔内超音波(IDUS)[03/08up]

    画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。 外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。 今回は、技術が進歩した新しいエコー検査であ... [ 記事を読む ]

  • 心臓超音波検査[03/30up]

    『循環器ナーシング』2016年7月号<よくわかる循環器検査>より抜粋。 心臓超音波検査(心エコー検査)について解説します。 Point FSやLVEFだけでは心機能の評価はできない!疾患や病態に合ったデータの... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.3 ゆい~(3)

認知症の患者さんが食事を引き出しに隠した理由とは…。あなたはどう考える? [ 記事を読む ]

急変時のルート確保、どうすればいい?

ショック状態や心肺停止など、急いでルート確保が必要なときのワザを紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

実習中の看護技術、どれに苦労した?

投票数:
3163
実施期間:
2020年03月20日 2020年04月10日

1日がかりの院外セミナー。ランチは何がベスト?

投票数:
1245
実施期間:
2020年03月24日 2020年04月14日

【エイプリルフール】人生最大級の「嘘」おしえて!

投票数:
1155
実施期間:
2020年03月27日 2020年04月17日

めちゃくちゃ疲れたときの「自分へのご褒美」ある?

投票数:
1109
実施期間:
2020年03月31日 2020年04月21日

ついつい職業病が出ちゃうときってどんなとき?

投票数:
1007
実施期間:
2020年04月03日 2020年04月24日

2019年度有給休暇ちゃんと取得できた?

投票数:
765
実施期間:
2020年04月07日 2020年04月28日

実習期間中、何のバイトしてた?

投票数:
7
実施期間:
2020年04月10日 2020年05月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1008

◆アセスメントの問題◆中心静脈圧について正しいものはどれでしょうか?

  • 1.中心静脈圧の評価のため、45度ヘッドアップして頸静脈を観察した。
  • 2.中心静脈圧には尿量や体重の変化は関係しない。
  • 3.中心静脈圧は左心房内圧の上昇を反映している。
  • 4.中心静脈圧の推定は外頸静脈の観察が最も適している。
今日のクイズに挑戦!