看護用語辞典 ナースpedia キーワード:非侵襲的

非侵襲的とは・・・

最終更新日 2018/07/26

非侵襲的(ひしんしゅうてき)とは、「生体を傷つけないような」という意味である。身体に負担を与えないことを意味し、皮膚や身体の開口部に器具の挿入を必要としない手技に対して用いられる。

非侵襲的検査の代表としてMRIやCT検査などがある。また、非侵襲的な治療の一つとして、酸素療法がある。酸素療法は、室内空気より高い濃度の酸素をカニュラや酸素マスクといった器具を使用して投与することを指す。

執筆

奥井早月

神戸女子大学 看護学部看護学科
慢性疾患看護専門看護師

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1370
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
973
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
956
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
651
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4784

以下のうち、急性移植片対宿主病(GVHD)には見られないものはどれでしょうか?

  • 1.水様下痢
  • 2.脱毛
  • 3.紅皮症
  • 4.黄疸
今日のクイズに挑戦!