白血球にはどんな種類があるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

今回は白血球の種類について説明します。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

白血球にはどんな種類があるの?

白血球にはたくさんの種類があります。それぞれ名前がついていますので、ネーミングの意味を理解しながら確認していきましょう。

 

まず、細胞の中に顆粒状を持つ顆粒(かりゅう)球と、顆粒を持たない細胞に分類できます。顆粒球には、好酸球、好塩基球、好中球という3つの種類があります。これはそれぞれ、酸性の色素に染まる白血球、塩基性の色素に染まる白血球、色素に染まらない白血球という意味の名称です。

 

最も数が多いのが好中球で、白血球の50〜70%存在します。好酸球はアレルギー反応を引き起こし、また、顆粒の作用で攻撃します。好塩基球は、顆粒内のヒスタミンヘパリンなどによってアナフィラキシー、じんま疹、気管支喘息などのアレルギー反応を引き起こす厄介者ですが、血管内での血液凝固を防ぐという役割もあります。

 

小さな顆粒を少量もつ白血球にはリンパ球と単球があります。リンパ球には、Tリンパ球とBリンパ球、NK細胞があり、お互いに協力しながら異物と戦います。単球は組織のなかに入るとマクロファージになり、貪食(どんしょく)作用を行います。また、抗原情報をリンパ球に伝えるという役目もあります。

 

メモ1白血球の寿命

リンパ球の寿命は長く(数年間)、好中球は短い(約10時間)です。白血球は老化すると肝臓や脾臓で破壊されます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ