体液のpH(水素イオン濃度)はどれくらい?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は体液のpH(水素イオン濃度)について説明します。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

体液のpH(水素イオン濃度)はどれくらい?

血液やリンパ液などの体液は、すべて弱アルカリ性(pH=7.40±0.05)に保たれています。pHが7.40±0.05と非常に狭い範囲で保たれているのは、この範囲内でしか全身の細胞が機能を発揮できないからです。

 

pHが7.35以下になった状態をアシドーシス、7.45以上になった状態をアルカローシスといいます(表1)。アシドーシス、アルカローシスにはそれぞれ、呼吸不全が原因で起こる呼吸性のもの、腎臓や消化器の障害による代謝性のものがあります。

 

表1酸塩基平衡の障害

酸塩基平衡の障害

 

アシドーシスになると、浅く不規則な呼吸、血圧の低下、ショック、不整脈頭痛、昏睡などの症状が現れます。アルカローシスになると、筋痙攣(けいれん)、不整脈、反射亢進、しびれ、発汗、意識障害、昏睡などの症状が現れます。

 

pHをコントロールしているのは、呼吸、代謝などです。体液のpHが正常範囲からずれると、肺でのガス交換による調整、腎臓での再吸収による調整、や腸での吸収による調整が行われ、pHを一定に保つようにしています。

 

MEMO1呼吸性アシドーシス

換気不全によって二酸化炭素(CO2)が体内に蓄積された状態。急性呼吸器不全、慢性呼吸器疾患などで生じます。末梢血管の拡張、交感神経の刺激があるため、発汗、皮膚の発赤、心拍数の増加、不安、失見当識、混迷などの症状が出ます。

 

MEMO2代謝性アシドーシス

糖尿病など腎機能不全などにより、炭酸水素イオン(HCO3)が体内に蓄積された状態。インスリン不足があると糖の不完全燃焼を起こし、ケトン体が蓄積されるなどで起きる場合もあります。

 

MEMO3呼吸性アルカローシス

過換気によって二酸化炭素が過度に体外に排出され、血液の二酸化炭素分圧が極度に低下した状態。発熱やヒステリーなどによって起きる過換気症候群によって生じます。

 

MEMO4代謝性アルカローシス

胃液の嘔吐によって炭酸水素イオンが減少すると生じます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ