容態急変! そのときどうする!?|患者さまは外国人【7】

「インターナショナルクリニック」の看護師で「エスコートナース」でもある山本ルミが、患者さまとのドタバタな日常をお届けします!


 

私の空飛ぶナースの仕事の9割以上は、皆さんが旅行するときに乗るのと同じ飛行機を利用します。残りの1割で利用するのは小型の航空救急車(Air Ambulance 略してAA)。

 

どちらにするかは患者さんの状態を元に、主治医の意見や診断書、保険会社やアシスタント会社の医師と話し合って決められます。AAは基本的に緊急の場合です。

 

私がお迎えに行く場合の多くは、既に治療が始まり状態が安定していて、飛行機に乗って帰国してもいいというとき。

 

しかし、ときにはまだ治療の途中の人もいて、今まで入院していたのに急に車に乗って移動したり、空港の人ごみの中を移動したり、それに帰国の興奮や不安が加わって、途中で状態が悪くなる人もいます。

 

AAが空港に到着。海外の救急隊員が集まります

 

突然の土砂降りからの「ここで死にたくない!」

フランスのアシスタンス会社から、上海にいるニュージーランド人の60代の男性をお迎えに行ってほしいとの要請がありました。

 

患者さんはご夫婦で中国を旅行中、トイレで下血して倒れている所を発見され、救急車で地元の病院に運ばれました。搬送時はかなり危険な状態で、おまけに言葉の壁もあり、不安な時を過ごしたようです。

 

倒れてから一週間後、病状が改善したため上海の病院に転院することが決定。そこで私に依頼がきたのです。

 

上海の病院で申し送りを受け、いざ空港に向かう途中で急な土砂降り。順調に飛行機に搭乗はできましたが、なんとなくいやな予感…。

 

案の定、私達を乗せたまま飛行機は3時間も飛び立たず、予定よりもかなり遅れて乗り継ぎ先の香港に到着しました。そのときには、私達が乗る予定のニュージーランド行きの飛行機はもう飛び立った後だったのです…。

 

パスポートはスタンプを押す場所がなくなって、ページを増設しました

 

明日の朝一番の飛行機に乗せてほしいと交渉しましたが、どうしても夜の飛行機にしか乗れないとのこと。約24時間も待たなくてはいけなくなりました。

 

患者さんは精神的な落胆もあり、体調が悪化。血圧も下がってきてしまいました。その日は飛行機会社が準備してくれたホテルに泊まり、私は仮眠もそこそこに、点滴をして様子を見ました。

 

次の日、私のボスから電話があり『病状が心配なら、飛行機に乗らずに香港の病院に入院するように。でもルミの判断に任せる』と言われました。

 

実際、患者さんの状態は平行線。けれど意識もしっかりしていて、血圧も100以上あり、症状も中国でもらった薬が効果を発揮し軽減していました。

 

患者さんに相談したところ、

 

「ニュージーランドに向かう途中で死んだなら納得できるんだ、僕はここでは死にたくない! どうか帰国を手伝って欲しい、頑張るから絶対に大丈夫! もしも何かあっても、君と会社には絶対に迷惑かけないから!」

 

と必死の訴え。


私も患者さんの精神状態を考えて、これはGOだな!と判断しました。

 

昨夜もあまり眠っていませんが、飛行機の中でも私は緊張MAX! 1秒も気が抜けず、不眠不休でなんとかニュージーランドに到着しました。

 

飛行機が空港に降り立った瞬間、患者さんは私に向かって笑顔でVサイン。私もようやく安堵できました。とても疲れたけど、気分はやりきった感で一杯です!

 

一瞬の判断の遅れも許されない!

5年前、アメリカ人のある会社の重役を群馬までお迎えに行きました。

 

彼は脳梗塞を起こした後、他にもいろいろと問題がありましたが、ようやくアメリカの病院に転院できることに。私のミッションは、群馬の病院から成田空港まで救急車で搬送することでした。

 

救急車に乗って1時間もすると、なぜか急に患者さんの酸素濃度が90台から80台に! しかしバイタルサインの変動はなく、患者さん自身も苦しさや痛みといった症状は何もありません。

 

酸素吸入をしながら、救急車の中で東京のオフィスにいる医師や、フィラデルフィアの保険会社の医師とあ~だこ~だと会議しましたが、その間に群馬の病院ははるか遠く。成田の方が近くだったため、成田空港近郊の病院に急遽搬送しました。

 

医師からは、

 

「肺梗塞になってたらどうするつもりだ! どうしてすぐに群馬に戻らなかった!」

 

と怒鳴られてしまいました。

 

もちろん、「私もそう考えたけど、東京オフィスとフィラデルフィアの保険会社の医師が…」などと、こちらの事情を口にするわけにもいかず。ひたすら謝りましたが、とても情けない気分でした。

 

機内から救急車に移動。チームワークが重要です

 

成田空港で患者の到着を待っていた、アメリカ人の医師団も病院に駆けつけました。検査の結果は、新たな梗塞ではなく肺炎

 

一度はがっかりした患者さんですが、「1週間も抗生剤の点滴を受けてよくなれば帰国できる」という医師の言葉で、「早く始めて下さい!」と治療にやる気を見せていました。

 

この患者さんは予定通り、1週間後にアメリカ人の医療チームがお迎えに来て、無事に帰国できました。

 

この仕事では、毎回何かしらのトラブルがあります。
私達が不眠不休で働くのは、いつ何時でも患者さんが急変する可能性を秘めているから。

 

搬送中は持っている医療品も限られ、医者もいないことがほとんどです。そんな状況で患者さんを無事に送り届けるため、あらゆる経験や知識を絞り出さなければなりません。


求められるのは適格な判断と高い技術。この仕事を続けて行く限り、私もまだまだ勉強が必要です。

 


【山本ルミ】看護師・エスコートナース
大分県出身。93年より六本木のインターナショナルクリニックに勤務。98年よりエスコートナースとしても活躍している。著書に『患者さまは外国人』(山本ルミ・原案 世鳥アスカ・漫画)など。

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆COPDの患者さんに見られる体幹の形態異常は以下のうちどれでしょうか?

  1. 樽状胸郭
  2. 漏斗胸
  3. 鳩胸
  4. 亀背

6736人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8168人の年収・手当公開中!

給料明細を検索