看護用語辞典 ナースpedia キーワード:クスマウル呼吸

クスマウル呼吸とは・・・

クスマウル呼吸(くすまうるこきゅう)とは、異常に深大な呼吸が規則正しく続く状態のことである。吸気の方が、呼気より長い。アシドーシス(体内の酸塩基平衡を酸側に傾かせようとする力が働いている状態)を補う呼吸(代償性呼吸)。糖尿病性ケトアシドーシス(糖尿病患者において、インスリンの欠乏によってもたらされるアシドーシスのこと)や尿毒症昏睡時などにも認められる。
糖尿病性ケトアシドーシスの患者に特有な呼吸の存在を発見したドイツの内科医アドルフ・クスマウルの名前から、クスマウル呼吸と呼ばれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
高給与・休日多・教育◎・人間関係◎など…看護師さんの求人検索 詳細を見る 「他の職場を見てみませんか?」

ナースpediaのTOPへ戻る