経腸栄養中の誤嚥を予防する体位とは?|人工呼吸管理中の栄養管理

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「経腸栄養中の誤嚥を予防する体位」に関するQ&Aです。

 

清水孝宏
那覇市立病院看護部看護師長

 

経腸栄養中の誤嚥を予防する体位とは?

 

誤嚥予防には、35~40度以上の頭位挙上を維持したセミファーラー位以上の体位をとることが重要です。

 

〈目次〉

 

仰臥位で管理しない

栄養管理中かどうかを問わず、人工呼吸管理中の誤嚥を防ぐための体位は、35~40度以上の頭位挙上を維持したセミファーラー位である。

 

仰臥位で管理した場合、口側への内容物の逆流が起こり、これが気道へ侵入すると誤嚥を起こす。

 

誤嚥が必ず肺炎につながるわけではないが、肺炎発症の機会を極力減らすためには、体位管理が重要である。

 

1人工呼吸中は30度以上の頭位挙上が基本

日本集中治療学会が2010年に改訂した「人工呼吸器関連肺炎予防バンドル(通称VAPバンドル)」がある(『VAP予防にはなにをすればいいの?』)。これは5つのバンドル(束)を併せたケアを行うことで、VAP(人工呼吸器関連肺炎)を予防する戦略である。

 

VAPバンドルのなかにも、人工呼吸管理中の患者は仰臥位で管理せず、30度以上頭位を上げることが明記されている。

 

上記のほかにも、頭位挙上の重要性に言及したガイドラインは多い(表1)。

 

表1頭位挙上に言及したガイドライン

 

2頭位挙上困難時の対応

実際の臨床では治療上の体位の制約から35~40度以上の頭位挙上を維持することが困難な場面も少なくない。例えば、大腿部から太いカテーテルを挿入して管理しなければならない血液浄化療法などである。

 

このような場合でも、ベッドに傾斜をつけるなどの工夫をし、完全な仰臥位を避けることが重要である(図1)。

 

図1頭位挙上維持困難時の体位管理

 

略語

 

  • VAP(ventilator-associated pneumonia):人工呼吸器関連肺炎

[文献]

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ