看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ミオクローヌス

ミオクローヌスとは・・・

最終更新日 2018/02/08

ミオクローヌス(みおくろーぬす、myoclonus)は、不随意運動の1つで自分の意思・意識とは関係なく繰り返し起こる、電撃的で突発的な体の一部の素早い筋肉運動のことである。手足の遠位部や顔面、体幹に生じ、通常、意識消失は起こらない。

限局的であれば、筋肉の一つがピクっとする程度であるが、複数の筋が迅速で周期的な収縮をすることもある。

生理的なものもあり、横隔膜のミオクローヌスとしてはしゃっくり吃逆)が有名である。健康な人でも睡眠中、とくに寝入りばなに体や手足がピクっとするといった睡眠時ミオクローヌスが生じることがある。

ミオクローヌスは安静時に生じることが多いが、随意運動で引き起こされるものを動作性ミオクローヌスという。大脳皮質から脊髄に至る中枢神経系内のさまざまな部位の障害で生じ、皮質性、皮質下性、脊髄性の3つに分類されることが多い。

ミオクローヌスの原因としては、Creutzfeldt-Jakob病(CJD)や亜急性硬化性全脳炎(SSPE)、進行性ミオクローヌスてんかん、無酸素脳症、代謝性脳症、脳幹梗塞のほか、腫瘍、感染、外傷、多発性硬化症が挙げられる。

原因診断に応じて治療を選択する。原因が皮質・皮質下性の場合、ベンゾジアゼピン系の抗てんかん薬(クロナゼパム)が使用されることが多い。

執筆

黒川暢

社会医療法人中山会 宇都宮記念病院 総合検診センター

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1313
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1307
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1234
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1120
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
977
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
933
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
346
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3329

経腸栄養投与についての説明で、正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.経腸栄養を行っている気管挿管患者さんでは、経腸栄養投与中の体位はどのような体位でもよい。
  • 2.重症患者の経腸栄養は、1日の投与量が同じであれば、間欠投与でも持続投与でも構わない。
  • 3.経腸栄養で使用する栄養チューブの口径は、細い方がよい。
  • 4.胃管を留置後は、X線撮影による確認を行う。
今日のクイズに挑戦!