看護用語辞典 ナースpedia キーワード:甲状腺がん

甲状腺がんとは・・・

最終更新日 2019/04/08

甲状腺がん(こうじょうせんがん、thyroid carcinoma)とは、甲状腺組織中にできるがんである。羅患率は女性の方が高いとされている。

甲状腺は、のどぼとけのすぐ下の気管前面に位置し、甲状腺ホルモンとカルシトニン(代謝や血中カルシウム濃度の調整を担う)を分泌する内分泌腺である。

【種類】
甲状腺がんは、がん組織の状態によりいくつか種類がわかれる。

乳頭がん
・濾胞がん
・髄様がん
・未分化がん
悪性リンパ腫  など

最も頻度が高いのは乳頭がんであり、甲状腺がんのうち約90%を占める。リンパ節転移を起こしやすいが、進行が遅いため、ほとんどの場合予後は良好である。発生頻度は、濾胞がん、髄様がん、未分化がん、悪性リンパ腫、その他の順で続く。

【症状】
初期症状はほとんど見られない。しかし、病状が亢進すると、頸部にしこりが認められるようになる。また、呼吸困難や嗄咳嗽などの症状が見られることもある。

【検査・診断】
触診や問診によって甲状腺がんが疑われる場合は、超音波検査穿刺吸引細胞診などの診断が行われる。

【治療】
甲状腺がんの治療は手術(外科治療)が基本である。手術後はおよそ90%の確率で残存甲状腺組織が存在している。そのため、甲状腺がん再発のリスクなどが高いと判断される場合は、放射性ヨード内用療法による術後治療が行われることもある。

なお、未分化がんについては進行が早く、予後が極めて不良であるため、診断当初から緩和医療の介入が検討されることが多い。

 

引用参考文献
1)“甲状腺がん(こうじょうせんがん)”.国立がん研究センター がん情報サービス.
2)甲状腺腫瘍診療ガイドライン作成委員会.“コラム2 甲状腺癌の組織型の頻度について.甲状腺腫瘍診療ガイドライン”.日本癌治療学会.
3)甲状腺腫瘍診療ガイドライン作成委員会.“CQ40 アブレーションの適応およびアブレーションの役割は?.甲状腺腫瘍診療ガイドライン”.日本癌治療学会.

執筆

小川顕太

亀田総合病院 集中治療科フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

院内感染対策のキホン

標準予防策、手指衛生、個人防護具、環境対策など、院内感染を防ぐポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

仕事中、透明コンタクト?カラーコンタクト?

投票数:
1669
実施期間:
2020年01月28日 2020年02月18日

あなたの病院に「4」「9」「13」の数字はある?

投票数:
1553
実施期間:
2020年01月31日 2020年02月21日

東京オリンピック、観に行く?

投票数:
1427
実施期間:
2020年02月04日 2020年02月25日

あなたが恋に落ちた瞬間♡教えてください

投票数:
1284
実施期間:
2020年02月07日 2020年02月28日

バレンタイン、チョコ以外になにかプレゼントあげる?

投票数:
1126
実施期間:
2020年02月11日 2020年03月03日

国試直前!言っちゃえ合格宣言&エール!

投票数:
904
実施期間:
2020年02月14日 2020年03月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1698

◆脳神経の問題◆脊髄小脳変性症の一つであるマシャド・ジョセフ病で特徴的に見られる症状は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.兎眼
  • 2.眼白子症
  • 3.びっくり眼
  • 4.はやり目
今日のクイズに挑戦!