看護用語辞典 ナースpedia キーワード:甲状腺がん

甲状腺がんとは・・・

最終更新日 2019/04/08

甲状腺がん(こうじょうせんがん、thyroid carcinoma)とは、甲状腺組織中にできるがんである。羅患率は女性の方が高いとされている。

甲状腺は、のどぼとけのすぐ下の気管前面に位置し、甲状腺ホルモンとカルシトニン(代謝や血中カルシウム濃度の調整を担う)を分泌する内分泌腺である。

【種類】
甲状腺がんは、がん組織の状態によりいくつか種類がわかれる。

乳頭がん
・濾胞がん
・髄様がん
・未分化がん
悪性リンパ腫  など

最も頻度が高いのは乳頭がんであり、甲状腺がんのうち約90%を占める。リンパ節転移を起こしやすいが、進行が遅いため、ほとんどの場合予後は良好である。発生頻度は、濾胞がん、髄様がん、未分化がん、悪性リンパ腫、その他の順で続く。

【症状】
初期症状はほとんど見られない。しかし、病状が亢進すると、頸部にしこりが認められるようになる。また、呼吸困難や嗄咳嗽などの症状が見られることもある。

【検査・診断】
触診や問診によって甲状腺がんが疑われる場合は、超音波検査穿刺吸引細胞診などの診断が行われる。

【治療】
甲状腺がんの治療は手術(外科治療)が基本である。手術後はおよそ90%の確率で残存甲状腺組織が存在している。そのため、甲状腺がん再発のリスクなどが高いと判断される場合は、放射性ヨード内用療法による術後治療が行われることもある。

なお、未分化がんについては進行が早く、予後が極めて不良であるため、診断当初から緩和医療の介入が検討されることが多い。

 

引用参考文献
1)“甲状腺がん(こうじょうせんがん)”.国立がん研究センター がん情報サービス.
2)甲状腺腫瘍診療ガイドライン作成委員会.“コラム2 甲状腺癌の組織型の頻度について.甲状腺腫瘍診療ガイドライン”.日本癌治療学会.
3)甲状腺腫瘍診療ガイドライン作成委員会.“CQ40 アブレーションの適応およびアブレーションの役割は?.甲状腺腫瘍診療ガイドライン”.日本癌治療学会.

執筆

小川顕太

亀田総合病院 集中治療科フェロー

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1330
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1230
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1086
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1052
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
872
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
601
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1298

◆摂食・嚥下の問題◆以下の中で嚥下調整食に適しない食品はどれか?

  • 1.ゼラチンゼリー
  • 2.煮込んだ高野豆腐
  • 3.トロミを付けた味噌汁
  • 4.ペースト食
今日のクイズに挑戦!