看護用語辞典 ナースpedia キーワード:出血性膀胱炎

出血性膀胱炎とは・・・

最終更新日 2018/03/12

出血膀胱炎(しゅっけつせいぼうこうえん、hemorrhagic cystitis)とは、出血(血尿)を伴って発症する膀胱の炎症である。症状としては血尿、頻尿排尿時痛である

通常の細菌性膀胱炎でも出血は見られるが、ウイルス、薬剤、放射線治療などが原因となって発症するものを出血性膀胱炎として扱うことが多い。

【原因】
■ウイルス
アデノウイルスが有名である。小児や免疫不全状態の移植患者に起こる。
■薬剤
(1)シクロホスファミド、イホスファミドなどの抗がん
尿中の代謝産物が尿中に排出されるために起こる。
(2)トラニスト(抗アレルギー剤)
(3)漢方薬
■放射線治療
骨盤への放射線照射による放射線性の出血性膀胱炎

【診断】
・前述の原因となる内服薬や疾患の有無を問診する。
尿検査で、白血球(炎症の有無)、尿細胞診で異型細胞(悪性腫瘍の有無)をスクリーニング。白血球が多ければ、まずは通常の細菌性膀胱炎を疑い、細菌培養検査を行う。
超音波検査やCTなどで腎や尿管に出血を来す病変がないかチェックする。
・膀胱鏡で膀胱がんのないことを確認する。放射線性の膀胱炎であれば虚血性の粘膜を背景に毛細血管の拡張が観察される。

【治療】
・健常な小児のアデノウイルスによる膀胱炎であれば自然軽快する。免疫不全状態であれば抗ウイルス剤を使用する。
・薬剤性のものでは、薬剤を中止する。シクロホスファミド、イホスファミドの使用にあたっては十分な補液により利尿を促進することと、代謝物の中和剤であるメスナを使用して発症を予防する。
・放射線性の出血性膀胱炎には、脆弱な毛細血管の内視鏡的凝固術や高圧酸素療法を考慮する。

執筆

米瀬淳二

がん研有明病院 泌尿器科部長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1372
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1292
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1194
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1209
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
967
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
758
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1120

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!