看護用語辞典 ナースpedia キーワード:肺挫傷

肺挫傷とは・・・

最終更新日 2019/09/02

肺挫傷(はいざしょう、pulmonary contusion)とは、胸部打撲や強い圧迫などで肺に歪みやずれ、圧の変化などの傷害が生じる状態のことである。

【原因】
胸部に強い衝撃が加えられることによって、肺胞の内圧が急激に上昇し、肺胞や毛細血管が断裂して引き起こされる。交通事故、高所からの墜落、災害の爆発、暴行などにより発生するケースが多い。
肋骨骨折、血胸、気胸のほか、周囲の臓器の損傷を併発している場合もある。

【症状】
軽症の場合は目立った症状は現れず、1週間程度で自然に回復する。
肺の損傷が大きい重症患者では、呼吸困難、頻呼吸、血痰、チアノーゼなどが見られる。重症化するとガス交換に障害が生じ、血液中の酸素濃度が低くなり、低酸素血症(動脈血中の酸素が不足した状態)による意識障害血圧低下が現れ、最悪の場合、急性呼吸不全を起こし、死に至ることもある。

【診断】
受傷の原因が胸部打撲や強い圧迫の場合、肺挫傷の有無を考える必要がある。また、上記症状からの診断に加え、胸部の聴診、動脈血ガス分析による低酸素血症の確認、胸部X線、胸部CTなどから判断する。

【治療】
安静臥床を基本とし、酸素吸入、肺理学療法(呼吸練習、呼吸筋トレーニングなど、残存する肺機能を維持することを目的に行う理学療法)を行う。重篤な低酸素血症では、気管挿管(気管内へチューブを挿入して気道を確保する方法)を行い、人工呼吸管理をする必要がある。




引用参考文献
1)岡元和文編.34. 肺挫傷の治療指針.救急・集中治療 最新ガイドライン.総合医学社,2018,119-121.(ISBN 9784883786602)
2)和田攻ほか編.肺挫傷(ざしょう).看護学大辞典,第2版,2010,2337.(ISBN 9784260005135)
3)医療情報科学研究所編.胸部外傷総論.病気がみえる vol.4 呼吸器.メディックメディア,2015,310.

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1350
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1252
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1104
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1075
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
923
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
711
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者237

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!