看護用語辞典 ナースpedia キーワード:肋骨

肋骨とは・・・

最終更新日 2018/02/26

肋骨(ろっこつ、rib)は、胸部を覆う骨であり、脊椎・胸骨とともに胸郭を形成している。

細長く弓状の骨であり、胸椎から胸骨にかけて内臓を取り囲む形で付いている。後端では胸椎の肋骨窩および横突肋骨窩と関節を形成し、前端では肋軟骨となり胸骨と結合する。人間の肋骨は全部で左右12対あり、合計24本存在する。

 
【分類】
肋骨は、大きく真肋(しんろく)と仮肋(かろく)の2つに分類できる。
■真肋
真肋は、第1肋骨から第7肋骨までの7対あり、第1対から第7対へ向けて徐々に長くなりながら徐々に細くなる。前端は肋軟骨を介して胸骨と結合している。真肋は胸郭を支え、胸郭に柔軟性を与えている。
■仮肋
仮肋は、第8対から第12対の5対あり、第8肋骨から第10肋骨の肋軟骨はすぐ上位の肋軟骨に結合し、胸骨との結合は間接的になる。第11肋骨と第12肋骨は浮肋(ふろく)と呼ばれ、胸椎の椎体とのみ連結し、肋骨の前方部分が浮遊したようになっている。第10肋骨も浮遊することもある。仮肋は胸郭に柔軟性を与える。

【肋骨周囲の解剖生理】
肋骨の内側には肋骨溝と呼ばれる溝があり、その中を肋間神経・肋間動脈・肋間静脈が走っている。また、肋骨と肋骨の間を肋骨隙といい、内外肋間筋が張っている。内外肋間筋は呼吸筋として働き、吸気時は外肋間筋が肋骨を引き上げて胸郭を広げ、呼気時は内肋間筋が肋骨を下げて胸郭を狭める。

執筆

井上彰

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護師国試☆合格発表はココで確認!

気になる合否結果を確認する3つの方法をまとめました! [ 記事を読む ]

心電図波形の名称と成り立ち

心電図に現れる波は、心房の興奮波と心室の興奮波だけ。詳しく解説します! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1317
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1213
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1205
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1130
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
988
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
745
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
157
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2798

以下のうち、ストーマを造設する位置の基準となる「クリーブランドクリニックの原則」に該当しないものはどれでしょうか?

  • 1.臍より低い位置
  • 2.腹直筋を避けた位置
  • 3.腹部脂肪層の頂点
  • 4.患者さん本人が見ることができる位置
今日のクイズに挑戦!