看護用語辞典 ナースpedia キーワード:硬膜下血腫

硬膜下血腫とは・・・

最終更新日 2018/01/29

硬膜下血腫(こうまくかけっしゅ/SDH/subdural hematoma/サブデュラ/サブドラ)とは、主に脳表動脈や架橋静脈が損傷、断裂し、硬膜下腔に出血を起こし硬膜とくも膜の間にある硬膜下腔に血液が貯留した病態のことである。動脈破綻によるSDHは全体の20~30%である。原因としては頭部外傷が多く、高齢、脳腫瘍(脳動静脈奇形、髄膜腫、転移性脳腫瘍など)、血液凝固異常(抗凝固薬内服)、新生児や小児の虐待などもある。低髄圧により発症する例もある。
頭部CTで脳表にそった三日月型の出血像を認める。発症1~2日以内の急性硬膜下血腫と15日以上の慢性硬膜下血腫があるが、発症時期のみでなく、臨床像も大きく異なる。

◎急性硬膜下血腫(ASDH/acute subdural hematoma)
・半数は受傷直後から意識障害がみられるが、意識清明である症例も血腫が増大すると急激に意識レベルが悪くなることがある(lucid intercal)。頭部外傷によるものが多く、脳挫傷をしばしば合併する。
・頭部CTでは高吸収域を呈する。
・緊急での開頭血腫除去術と、出血点の同定、止血が必要となるが、予後は不良で死亡率は40~60%、昏睡症例では60%以上とされる。

◎慢性硬膜下血腫(CSDH/chronic subdural hematoma/まんこう)
・比較的軽微な外傷を契機に硬膜下腔に出血を起こしたものが、3週間~数か月の期間をかけて徐々に増大し、頭痛、認知障害、尿失禁、片麻痺や歩行障害といった症状を呈する。
・頭部CTでは三日月型の出血像を認めるが、出血からの時間経過により高吸収から低吸収まで様々な像を呈する。
・症状を認めない場合は注意深く経過をみて血腫の吸収を待つが、神経症状を呈する場合は穿頭ドレナージ術を行う。ドレナージにより症状はほぼ改善する。

執筆

石田 光

元 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1383
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1713
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1292
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1185
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1041
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
904
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
238
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4127

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!