看護用語辞典 ナースpedia キーワード:シェーグレン症候群

シェーグレン症候群とは・・・

最終更新日 2018/01/12

シェーグレン症候群(しぇーぐれんしょうこうぐん)とは、涙腺・唾液腺等の腺組織にリンパ球浸潤など慢性炎症が起こることにより涙、唾液などの分泌量が低下し、眼や口腔などの乾燥を主症状とする疾患群である。50~60歳代の女性に多く発症する。

【分類】
他の膠原病を伴わない一次性と、他の膠原病を伴う二次性に分類され、さらに一次性は乾燥症状のみの腺型と、関節痛や発熱などの全身症状を伴う腺外型がある。
症状としては大きく、腺症状と腺外症状に分けることができる。

・腺症状
涙腺からの分泌障害があればドライアイとなり、目の異物感や疲れ目などの症状を生じる。唾液腺からの分泌に障害があればドライマウスとなり、口腔内が乾燥することで飲み込みにくさを自覚したり、うが多くなる。

・腺外症状
全身の臓器に多彩な臨床症状を呈する。すなわち、発熱、血液異常(血球減少、高ガンマグロブリン血症)・リンパ増殖性病変(悪性リンパ腫)、関節・筋病変(関節炎、筋痛、筋力低下、筋脱力感)、皮膚病変(環状紅斑、レイノー現象)、甲状腺(自己免疫甲状腺疾患)、肺病変(間質性肺炎)、心血管病変(胎児完全房室ブロック)、消化器病変、腎病変(尿細管アシド―シス、間質性腎炎)、神経病変(末梢神経障害、中枢神経障害)などである。

【治療】
腺症状に対しては対症療法が主である。ドライアイには角膜保護を目的に人工涙液の点眼、ドライマウスには水分摂取や人工唾液による補充、ピロカルピン・セビメリン(ムスカリン作動性ACh受容体作動薬)の投与による唾液分泌促進を行う。
腺外症状をきたす臓器障害に対しては活動性に応じてステロイド免疫抑制薬が使用される。関節痛などに対しては鎮痛薬を使用する。
一般的に予後は良好であるが、合併症により予後不良になることもある。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1256
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1244
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1128
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1070
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
996
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
554
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5150

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!