看護用語辞典 ナースpedia キーワード:自家移植

自家移植とは・・・

最終更新日 2017/07/18

自家移植(じかいしょく)とは、治療目的のために自分の臓器や組織、細胞を取りだし自分自身に移植することである。皮膚腎臓造血幹細胞などが自家移植の対象としてあげられるが、必ずしも同じ部位に移植しなおすとは限らない。他人から臓器などを移植する他家移植とは異なり免疫による拒絶反応が起きないことが特徴で、移植後に免疫抑制剤を投与する必要が無い。

■植皮
植皮は、皮膚の移植である。植皮は、一般的な自家移植の一つである。代表的な植皮の適応を以下にあげる。
・熱傷や外傷による皮膚の欠損部位
・熱傷や外傷が治癒した後の瘢痕(※)の切除部位
・ケロイドなどの切除部位
・痣(あざ)などの切除部位
・合指症などに対して、指を切り離した後の皮膚の欠損部位
近年は、患者自身から皮膚の小片を採取し、大きな広い皮膚に培養してから、移植に用いる研究もおこなわれている。
※瘢痕(はんこん):傷などが治った後に皮膚に残る跡。

■自家腎移植
自家腎移植とは腎臓に対する外科的な治療において、一時的に腎臓を体外に摘出し、手術操作後につなぎ直す方法のことである。狭い術創内で複雑な操作を行うよりも、安全かつ確実であることが見込まれる場合に用いられる。主な適応を以下にあげる。
・複雑な腎血管病変
・単腎に発生した腫瘍
・複雑な腎結石
・広範囲の尿管病変
・腎内の動脈瘤

■造血幹細胞の自家移植
造血幹細胞の自家移植は、悪性リンパ腫多発性骨髄腫などの血液がん治療の一部としておこなわれる。悪性リンパ腫や多発性骨髄腫は、リンパ球が腫瘍化した疾患である。あらかじめ患者自身の造血幹細胞を採取し凍結保存し、通常と比べ大量の化学治療をおこなった後に、移植する。移植をしなければ白血球血小板が回復しない、あるいは回復に1カ月以上の長期を要するが移植によって、患者の造血能の早期回復を期待する。自家移植に用いる造血幹細胞は、ほとんどの場合、末梢血から採取する。治療の一環として造血幹細胞の自家移植をおこなう条件を以下にあげる。
・原則65歳以下までで、重篤な臓器障害がなく抗生剤治療を要するような感染症に罹患していないこと。
・十分な造血能を有すること。(末梢血幹細胞の採取のため)
・抗癌剤に対する十分な感受性を有すること。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

根拠はないけど|マンガ・ぴんとこなーす【262】

看護記録に書いた根拠を激ヅメされた新人ナースのサエコちゃん。その記録内容は… [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1330
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1176
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1160
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1050
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
920
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
600
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2316

◆消化器の問題◆以下のうち、胃瘻管理中の患者さんに対する看護として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.胃瘻を造設している患者さんはシャワーや入浴はできない。
  • 2.栄養剤を投与する際は、仰臥位で投与しても問題ない。
  • 3.ボタン型はチューブ型に比べて自己抜去のリスクが高い。
  • 4.胃瘻管理中は、出血・発赤・腫脹など局所の感染徴候がないか、創部の観察を行う。
今日のクイズに挑戦!