看護用語辞典 ナースpedia キーワード:認知症

認知症とは・・・

最終更新日 2018/01/25

認知症(にんちしょう・Dementia・Demenz)とは、一旦正常に発達した「記憶」「学習」「判断」「計画」といった脳の知的機能(認知機能)が、後天的な脳の器質障害によって持続性に低下し、日常や社会生活に支障をきたす状態をいう。かつて痴呆症と言われていたが、2004年に厚生労働省にて認知症への言い換えが決定された。認知症は、高齢化がすすむに従って急増しており、現在は65歳以上の10人に1人、85歳以上では3〜5人に1人が認知症である。

【分類】
高齢者に生じる認知症のほとんどは、加齢による脳の病的な老化に関するもので2種類に分類される。

◎変性性認知症
・脳実質の変性で生じる
・アルツハイマー型認知症、Lewy小体型認知症、前頭側頭葉型認知症など

◎脳血管性認知症
脳梗塞や脳出血といった脳血管の障害によって起こる

早期治療によって劇的に認知症が回復する場合があり、このような認知症を、治療可能な認知症(treatable dementia)という。治療可能な認知症の例として、正常圧水頭症、甲状腺機能低下症、慢性硬膜下血腫などが挙げられる。

認知症患者を診たときは、問診と改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)やMini Mental State Examination (MMSE)といった認知機能検査を行った後に、採血や画像診断から治療可能な認知症を見つけ出すことが大切である。

【症状】
大きく、中核症状と行動・心理症状(behavioral and psychological symptom of dementia :BPSD)に分けられる。

◎中核症状
・脳障害により直接おこる症状で認知症患者に必ず認められる
記憶障害、見当識障害、失語、失行、失認、遂行機能障害など

◎BPSD
・中核症状に付随して引き起こされる二次的な症状
・不眠、徘徊、幻覚、妄想など
・中核症状よりも患者や家族の悩みや負担の原因となる場合が多いが、適切な治療や対応で症状の改善は期待できる

【治療】
変性性認知症に対しては、主に塩酸ドネペジルなどのアセチルコリンエステラーゼ阻害薬が使用される。脳血管性認知症には脳梗塞再発予防として、血圧コントロールや抗血小板薬、抗凝固薬、糖尿病治療などが行われる。

執筆

神谷侑画

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1321
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1198
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1119
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1090
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
994
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
852
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
135
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者802

急性心筋梗塞でこれからカテーテル治療を行う患者さん。救急外来受診時、12誘導心電図では右側胸部誘導でV4RのST上昇がありました。血圧は80/48mmHgです。以下のうち、看護師のあなたがカテーテル室で最も先に準備しておくべき薬剤はどれでしょうか?

  • 1.塩酸モルヒネ
  • 2.細胞外液
  • 3.ニトログリセリン
  • 4.フロセミド
今日のクイズに挑戦!